2020-11-02から1日間の記事一覧

ケアマネ減少時代に見すえたい課題

10月30日に開催された介護給付費分科会では、居宅介護支援の改定にかかる議論の方向性が示されました。担当件数の逓減性の緩和や通院同行への評価などいくつかのテーマが上がっていますが、まずは議論の前提となるケアマネの状況を確認します。見落としてな…

ケアマネの通院同行、介護報酬で評価へ 厚労省方針 来年4月から

《 社保審・介護給付費分科会 10月30日 》 厚生労働省は来年4月の介護報酬改定で、利用者の通院に同行するケアマネジャーに対する評価を新設する方針を固めた。【Joint編集部】 居宅介護支援を俎上に載せた10月30日の審議会で提案。これから細部を詰めていく…

居宅介護支援、サービス利用につながらなくても報酬で評価 厚労省検討

《 社保審・介護給付費分科会 30日 》 介護サービスの利用を見越して必要なケアマネジメントを実施したものの、利用者のやむを得ない事情などで急に話が流れてしまった − 。こうしたケースでも一定の報酬が得られるよう、厚生労働省は居宅介護支援の制度の見…

居宅介護支援、報酬の逓減制を緩和 厚労省提案 経営安定化へ来年度から

《 社保審・介護給付費分科会 30日 》 来年4月に控える次の介護報酬改定に向けて、厚生労働省は居宅介護支援の基本報酬の逓減制を緩和する検討に入った。【青木太志】 個々のサービスの質が低下しないよう、ICTの活用や事務職の配置などで業務の効率化を図る…