ニュース一覧

22年度、訪問介護1,901事業所の42.8%が赤字 福祉医療機構調べ

2022年度(令和4年度)訪問介護の経営状況(1/31)《福祉医療機構》 福祉医療機構によると、訪問介護事業所1,901カ所の42.8%が2022年度に経常損益ベースで赤字だった(参照)。赤字事業所の割合は、前年度(1,846事業所)の40.1%から2.7ポイント拡大した。…

訪問介護の基本報酬引き下げ 厚労省「加算拡充を含めた改定全体で評価してほしい」

《 厚労省 》 来年度の介護報酬改定で訪問介護の基本報酬が下がることについて、ホームヘルパーの団体が国へ抗議文を出すなど波紋が広がっている。 厚生労働省はどんな考えを持っているのか。これまでの取材で得られた当局の説明をまとめていく。【Joint編集…

【障害福祉報酬改定】BCP未策定の減算、全サービスに新設 最大3% 1年間の経過措置も

《 障害福祉報酬改定検討チーム|2月6日撮影 》 厚生労働省は来年度の障害福祉サービス報酬改定で、感染症や災害の発生に備える業務継続計画(BCP)を策定していない事業所に対する減算を、全てのサービスに導入する。【Joint編集部】 6日の有識者会議で報酬…

来年度の障害福祉報酬改定、全容決まる 有識者会議が了承 今年度内に告示へ 厚労省

《 障害福祉報酬改定検討チーム|2月6日撮影 》 厚生労働省は6日、来年度の障害福祉サービス報酬改定の全容を決めた。【Joint編集部】 これまで議論を重ねてきた有識者会議を開き、各サービスの運営基準の見直し、基本報酬や加算の新たな単位数、算定要件な…

【障害福祉報酬改定】処遇改善加算、訪問系サービスに手厚く配分 厚労省 居宅介護の加算率は最高41.7%

《 厚労省 》 厚生労働省は6日、来年度の障害福祉サービス報酬改定で新たに一本化・拡充する「処遇改善加算」の加算率を公表した。【Joint編集部】 居宅介護や重度訪問介護など、訪問系サービスの加算率を相対的に高くする。介護保険の「処遇改善加算」でも…

【障害福祉報酬改定】居宅介護、基本報酬引き上げ 重度訪問介護も 厚労省 来年度から

《 厚労省 》 厚生労働省は来年度の障害福祉サービス報酬改定で、訪問サービスの居宅介護の基本報酬を引き上げる。【Joint編集部】 介護保険の訪問介護の基本報酬は引き下げたが、障害福祉の居宅介護は数単位の微増とする。6日に公表した。単位数は以下の通…

ケアマネの入院時情報連携加算等の見直し。 診療報酬側の「改定事情」にも注意を

2024年度の介護報酬・基準改定では、ケアマネの対医療連携に関係する内容も多岐にわたっています。診療報酬も同時改定となるタイミングを考えれば、円滑な対医療連携を進めるうえで、医療側にどのような「事情」が生じているのかを知ることが重要です。 ケア…

【解説】長期滞在型老健、経営モデル破綻 想像の上をいった介護施設の報酬改定=小濱道博

《 小濱介護経営事務所|小濱道博代表 》 1月22日に社会保障審議会が答申し、大枠の内容がほぼ全て決まった来年度の介護報酬改定 − 。今回は介護施設について検証したい。【小濱道博】 基本報酬をみると、特別養護老人ホームは総じて2.8%程度のプラスとなっ…

ケアマネの年収、平均394.8万円 全産業平均と月8万円超の差=組合調査

介護職の労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」が1月31日に公表した最新の「賃金実態調査」の結果では、ケアマネジャーの月給や年収なども報告されている。【Joint編集部】 それによると、ケアマネの月給は昨年7月の平均で27万6497円。昨…

訪問介護の報酬引き下げ ヘルパーの団体が国に抗議文 「誇りを傷つける。目指す姿と全く正反対」

《 全国ホームヘルパー協議会・田尻会長(左)と日本ホームヘルパー協会・境野会長(右)|2月1日 》 来年度の介護報酬改定で訪問介護の基本報酬が引き下げられることについて、全国ホームヘルパー協議会と日本ホームヘルパー協会が1日に厚生労働省へ抗議文…

介護職の年収、392.4万円 全産業平均との差は100万円超 組合「もっと賃上げを。でないと格差が開く」

《 NCCU・染川朗会長|1月31日 》 全国の介護職でつくる労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」は1月31日、組合員の給与の動向を把握する調査の最新の結果を公表した。【Joint編集部】 それによると、介護職の月給は昨年7月の平均で26万266…

東京都、ケアマネ事業所の事務職員の雇用に補助 来年度から新事業 負担減や賃上げ後押し

(東京都) 東京都は来年度から、居宅介護支援事業所の事務職員の雇用を後押しする取り組みを新たに始める。【Joint編集部】 事業所ごとに1人分、事務職員の雇用経費の4分の3を補助する。期待される役割が増えているケアマネジャーの業務負担の軽減を目指す…

【介護報酬改定】特養、配置医師の緊急対応の評価拡充 日中も加算取得が可能に 4月から

《 社保審・介護給付費分科会|2024年1月撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、特別養護老人ホームの配置医師の緊急対応を評価する既存の加算を拡充する。【Joint編集部】 高まる医療ニーズに応えられる体制の構築に向けた施策の一環。後方支援の協…

2024年度改定で見えてくる、 トップと従事者の「対話」がカギとなる時代

2024年度の改定内容では、組織的な実務をともなう新基準・新加算や、既存加算で新たな取組みを定めた要件見直しなどが、過去の改定以上に目立ちます。多くのサービスで基本報酬や処遇改善加算の加算率は上がりますが、それが上乗せされる実務のバランスと見…

【総括】今回の介護報酬改定は「大変革の土台固め改定」 訪問介護の報酬引き下げには強い危機感【斉藤正行】

《 全国介護事業者連盟・斉藤正行理事長 》 1月22日に開催された国の審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)で、来年度の介護報酬改定の全容が決められました。 ◆ 在宅介護の崩壊につながりかねない 全体の改定率は1.59%(うち0.98%は処遇改善、0.61%を…

訪問介護の基本報酬引き下げ ヘルパー協会・境野会長が憤慨 「悔しくて切ない。我々はもう不要なの?」

《 日本ホームヘルパー協会・境野みね子会長 》 来年度の介護報酬改定で訪問介護の基本報酬が引き下げられることについて、日本ホームヘルパー協会の境野みね子会長に受け止めを聞いた。【Joint編集部】 境野会長はインタビューの中で、基本報酬の引き下げが…

【介護報酬改定】訪問看護、初回加算を拡充 在宅移行の円滑化へ退院当日を評価 厚労省

《 厚労省 》 病院などに入院している高齢者の在宅移行の円滑化に向けて、厚生労働省は来年度の介護報酬改定で訪問看護に新たな仕組みを導入する。【Joint編集部】 訪問看護計画を新規作成した利用者の最初の訪問に上乗せする「初回加算」に上位区分を新設。…

【介護報酬改定】特養、透析の通院送迎を評価 加算を新設 厚労省 現場の負担を考慮

《 厚労省 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、透析が必要な高齢者の病院への送迎を評価する加算を特別養護老人ホームに新設する。【Joint編集部】 送迎に大きな業務負担、コストが伴うことを考慮。透析が必要な高齢者の受け入れを断る施設も少なくない…

居宅介護支援は基本報酬等アップ。 ケアマネの処遇改善は実現するか?

2024年度の介護報酬・基準の改定項目が示される中、ケアマネとしては、これまで以上に基本報酬や各種加算への注目が集まっていると思います。処遇改善加算が居宅ケアマネに適用されない中、所定単位の動向によって処遇改善が左右されることになるからです。 …

【介護報酬改定】居宅介護支援、入院時の連携加算を拡充 情報提供の迅速化で単価引き上げ 厚労省 4月から

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、居宅介護支援の「入院時情報連携加算」の拡充に踏み切る。【Joint編集部】 利用者の情報を病院へ速やかに伝えてもらう観点から要件を厳格化しつつ、その単位数を引き上げ…

【超有用】介護報酬改定、必読資料はこれ! どこを見たらいいか分からない方へ【石山麗子】

《 国際医療福祉大学大学院・石山麗子教授 》 1月22日の社会保障審議会・介護給付費分科会で、来年度の介護報酬改定の省令、告示、通知などの改定事項が示されました。これで概ね、“2024年改定”の全容が見えました。あとは、より具体的な取り扱いが示されるQ…

24年度介護報酬改定は「介護事業経営実態調査」がベース 日医会見

日本医師会 定例記者会見(1/24)《日本医師会》 日本医師会の江澤和彦常任理事は24日の定例記者会見で、2024年度に訪問介護などの基本報酬が引き下げられるのは直近の介護事業経営実態調査(実調)でそれらのサービスの収支状況が他よりも良かったからだと…

【解説】介護保険最新情報のVol.1202について

《 介護保険最新情報Vol.1202 》 厚生労働省は25日、介護職員の給与を今年2月分から平均で月6千円引き上げる新たな補助金(介護職員処遇改善支援補助金)について、事業の実施要綱やQ&Aなどを通知した。【Joint編集部】 あわせて、介護施設・事業所に提出を…

【解説】介護保険最新情報のVol.1201について

来年度の介護報酬改定をめぐり、サービスごとに定められている運営基準の見直しの内容が25日に公布された。【Joint編集部】 厚生労働省は介護保険最新情報のVol.1201を発出し、自治体や介護現場の関係者に省令の公布を広く周知した。 今月15日の審議会で内容…

訪問介護等の基本報酬の引下げで、 何が起こるか? 撤回はありえるか?

2024年度の介護報酬にかかる省令等改正案が諮問・答申されました。事業者などの驚きの声が集中しているのが、訪問介護や定期巡回・随時対応型などの訪問系サービスにおける基本報酬の引下げです。ホームヘルパーの有効求人倍率が15倍を超えるという中、社会…

【介護報酬改定】デイの個別機能訓練加算、単位数引き下げ 指導員の配置緩和 4月から

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、通所介護と地域密着型通所介護の「個別機能訓練加算」について、一部区分の単位数を引き下げる。【Joint編集部】 対象は「加算(I)ロ」。厚労省は4月から、機能訓練指導…

【正念場】居宅介護支援の報酬改定 問われる好材料を活かす経営手腕=田中紘太

《 株式会社マロー・サウンズ・カンパニー|田中紘太代表 》 1月22日、社会保証審議会・介護給付費分科会で来年度の介護報酬改定の全容が決定されました。 居宅介護支援の基本報酬は、0.93%ほど上がるプラス改定となりました。 前回に引き続き、居宅介護支援…

【介護報酬改定】看取り対応、ショートステイでも評価 レスパイト機能強化へ加算新設 来年度から 厚労省

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、看取り期の高齢者に対するサービスを評価する加算をショートステイにも創設する。【Joint編集部】 実際に看取り期の高齢者を受け入れ、在宅生活の継続を支えている事業所…

【介護報酬改定】訪問介護に口腔管理の連携加算を新設 ケアマネへの情報提供など評価

《 厚労省 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、利用者の口腔管理にコミットする事業所を評価する加算を訪問系サービスなどに新設する。【Joint編集部】 職員が利用者の口腔状態をチェックし、その情報を歯科医師やケアマネジャーらへ提供することなどを…

「訪問介護がなくなると破綻する」 日本医師会、基本報酬引き下げの影響を懸念

《 日本医師会・江澤和彦常任理事|1月24日 》 日本医師会は24日に記者会見を開き、22日に全容が決まった来年度の介護報酬改定について見解を表明した。【Joint編集部】 この中で江澤和彦常任理事は、訪問介護の基本報酬が4月から引き下げられることに懸念を…

【介護報酬改定】訪問介護の同一建物減算を拡充 4月から 併設・隣接の集合住宅の割合も考慮 具体策決まる

《 厚労省 》 厚生労働省は来年度から訪問介護の同一建物減算の拡充に踏み切る。【Joint編集部】 22日の審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)で、来年度の介護報酬改定の全容を決定。その中に同一建物減算の要件の厳格化を盛り込んだ。年度内に告示す…

【介護報酬改定】高齢者の虐待防止、対策未実施で減算 全サービスが対象 4月から

《 厚労省 》 厚生労働省は来年度から、介護職の高齢者に対する虐待を防止する措置をとっていない施設・事業所の基本報酬を引き下げる。一部の例外を除き、全てのサービスを対象とする。【Joint編集部】 22日の審議会(社会保障審議会介護給付費分科会)で、…

【介護報酬改定】BCP未策定の事業所に減算 最大3%  経過措置1年 具体策決まる

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、感染症や自然災害を想定した業務継続計画(BCP)を策定していない介護施設・事業所に対する基本報酬の減算を導入する。【Joint編集部】 22日、社会保障審議会に具体策を諮…

【介護報酬改定】ショートステイの長期利用、60日超で更に報酬減 4月から 具体策決まる

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、利用者が長期にわたって使い続けているショートステイの基本報酬の引き下げに踏み切る。【Joint編集部】 22日、社会保障審議会に具体策を諮問。「了承する」との答申を受…

え! 嘘だろう…。ヘルパーの基本報酬引き下げ 在宅介護は机上の空論へと突き進む【結城康博】

《 淑徳大学総合福祉学部 結城康博教授 》 来年度の介護報酬改定をめぐり、厚生労働省が各サービスの新たな基本報酬を公表した。正直、自分の目を疑った! 訪問介護(ホームヘルパー)の基本報酬が引き下げられているのだ。【結城康博】 これでは一部の地域…

【介護報酬改定】居宅介護支援に同一建物減算を導入 サ高住など併設・隣接で対価引き下げ

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、居宅介護支援のケアマネジメントに同一建物減算を新たに導入する。【Joint編集部】 22日の審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)で具体策を提案。委員らの了承を得…

【介護報酬改定】新・処遇改善加算、最大で約25%上乗せ 6月から拡充 加算率公表

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 来年度の介護報酬改定をめぐり、厚生労働省は新たな基本報酬や加算の単位数、算定要件など全容を決めた。【Joint編集部】 22日の審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)に提案し、大筋で了承を得た。今年…

【介護報酬改定】厚労省、テクノロジー導入の「生産性向上加算」を新設 コスト補填で取り組み促す

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、テクノロジーの導入などを要件とする「生産性向上推進体制加算」を新たに創設する。【Joint編集部】 見守り機器などの導入・運用に伴う継続的なコスト増を補填し、介護現…

【介護報酬改定】リハ職の訪問看護に新たな減算を導入 厚労省方針 提供回数など要件

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が担う訪問看護について、基本報酬の減算を新たに導入する。【Joint編集部】 22日の審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)で提…

訪問介護の基本報酬の引き下げに驚きの声 審議会で「極めて遺憾」「理解に苦しむ」

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 厚生労働省は22日、来年度の介護報酬改定に向けた協議を重ねている審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)を開き、各サービスの新たな基本報酬を明らかにした。【Joint編集部】 審議会はこれを了承したが…

【介護報酬改定】厚労省、新たな基本報酬を発表 サービスごとに明暗 訪問介護は引き下げ

《 厚労省 》 厚生労働省は22日、来年度の介護報酬改定に向けた協議を重ねている審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)を開き、各サービスの新たな基本報酬を公表した。【Joint編集部】 サービスごとに明暗が分かれた。 特別養護老人ホームや介護老人…

来年度の介護報酬改定、全容決まる 審議会が了承 今年度内に告示へ

《 社保審・介護給付費分科会|1月22日撮影 》 22日、来年度の介護報酬改定の全容が決まった。【Joint編集部】 厚生労働省は社会保障審議会・介護給付費分科会を開き、新たな基本報酬や加算の単位数、算定要件などの案を提示。分科会はこれを了承した。親会…

【介護報酬改定】特養の基本報酬が大幅増に 厚労省発表 経営状況など考慮 4月から

《 社保審・介護給付費分科会|2023年1月撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、特別養護老人ホームの基本報酬を大幅に引き上げる。【Joint編集部】 一部類型の見直しは以下の通り。どの要介護度も3%弱の引き上げとなっている。 厚労省は22日の審議会…

【介護報酬改定】居宅介護支援の特定事業所加算、単位数引き上げ 4月から 厚労省発表

《 社保審・介護給付費分科会|2023年1月撮影 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、居宅介護支援の特定事業所加算の単位数を引き上げる。【Joint編集部】 どの区分も14単位上げる。最上位の加算(I)はこれで519単位となる。 厚労省は22日の審議会(社会…

【介護報酬改定】通所介護の基本報酬、微増に 厚労省発表 4月から

《 厚労省 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、通所介護の基本報酬を引き上げる。【Joint編集部】 一部時間帯の見直しは以下の通り。7時間から8時間をみると、それぞれ数単位ほどの小幅な引き上げとなっている。 厚労省は22日の審議会(社会保障審議会…

【介護報酬改定】居宅介護支援の基本報酬、10単位超の引き上げ 厚労省発表 4月から

《 厚労省 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、居宅介護支援の基本報酬を引き上げる。【Joint編集部】 見直しは以下の通り。要介護1と2で10単位、要介護3以上で13単位上がる。居宅介護支援事業所が直接指定を受けて担う場合の介護予防支援費は、472単位…

【介護報酬改定】厚労省、訪問介護の基本報酬を引き下げ 新たな単位数を発表

《 厚労省 》 厚生労働省は来年度の介護報酬改定で、訪問介護の基本報酬を引き下げる。【Joint編集部】 見直しは以下の通り。身体介護も生活援助も単位数が下がる。事業者にとっては厳しい改定となる。 厚労省は22日の審議会(社会保障審議会・介護給付費分…

通所介護経営セミナー|完全解説! 来年度の介護報酬改定 2月7日開催=介護ニュースJoint

介護ニュースJointは2月7日、通所介護の事業者さん、職員さん、ケアマネジャーさんらを対象とするオンライン経営セミナーを開催します。来年度の介護報酬改定の内容を詳しく、分かりやすく解説するための企画です。【Joint編集部】 テーマは「新たな将来展望…

2024年度改定が大きな転機に⁉ 現役世代の介護保険料上昇で問われる説明力

厚労省より、2024年度の介護保険の2号保険料の1人あたり月額見込み額が示されました。2023年度見込み額から60円アップの6,276円で、過去最高となっています(企業健保等の加入者は事業主と折半)。すでに1号保険料の月あたり平均基準額を上回っている中、…

【まとめ】グループホーム・介護付きホームの運営基準どう変わる? 介護報酬改定の変更点が正式決定

《 社保審・介護給付費分科会|1月15日撮影 》 来年度の介護報酬改定をめぐり、サービスごとに定められている運営基準の見直しの内容が15日に正式決定された。【Joint編集部】 武見敬三厚生労働相が社会保障審議会に改正案を諮問。同会はこれを「了承する」…