厚労省・介護保険

訪問・通所介護は1〜2万円 居宅は1万円 かかり増し経費の補助金、各サービスの上限額固まる

《 厚労省 》 コロナ禍に伴う介護事業所の"かかり増し経費"を補填する国の新たな補助金について、サービスごとの上限額など具体像が分かった。【Joint編集部】 主なサービスの1事業所あたりの上限額は以下の通り。訪問介護や通所介護は1万円から2万円、特養…

マイナンバーカード保険証運用開始は全体の5.1% 厚労省

社会保障審議会 医療保険部会(第146回 10/22)《厚生労働省》 厚生労働省は22日、マイナンバーカードの健康保険証に対応できる医療機関や薬局が、このシステムの本格運用が始まった20日現在、全体の5.1%にとどまったことを明らかにした。 マイナンバーカ…

これからのケアマネ処遇のあり方

2021年度の介護支援専門員実務研修受講試験の受験者数が公表されました。前年度比で7900人以上の伸びとなり、受験資格の変更によって急減した2018年度以降では、初の5万人台に回復しています。とはいえ、急減前と比較してまだ半分以下という数字です。 2021…

通所介護サービスは大規模型ほどコロナの影響大きく WAMが速報値

2020年度(令和2年度)介護・福祉施設の経営状況(速報)(10/20)《福祉医療機構》 福祉医療機構(WAM)は20日、2020年度の介護・福祉施設の経営状況について、速報値を公表した。通所介護サービスは事業規模が大きいほど、サービス活動収益対サービス活動…

東洋大・高野准教授、LIFEの中長期展望に期待 「まだデータ収集段階。今後は…」

《 東洋大学ライフデザイン学部 高野龍昭准教授 》 今月13日から15日にかけて千葉県の幕張メッセで開催された「医療と介護の総合展」で、東洋大学ライフデザイン学部の高野龍昭准教授が講演した。【Joint編集部】 今年度から本格的な運用がスタートしたLIFE…

ケアマネ試験の受験者数、2年連続増加 今年度は5万4334人 前回比+7919人

今月10日に実施された今年度の第24回介護支援専門員実務研修受講試験の受験者数が、厚生労働省の公式サイトで発表された。【Joint編集部】 受験したのは前回より7919人多い5万4334人。コロナ禍の影響も心配されたなか、2年連続の増加となった。合格者の発表…

保険給付費の総額は8,867億円 介護保険事業状況報告・厚労省

介護保険事業状況報告の概要(令和3年7月暫定版)(10/5)《厚生労働省》 厚生労働省は5日、2021年7月の「介護保険事業状況報告の概要(暫定版)」を公表した。詳細は以下の通り。 ●保険給付費▽保険給付費総額/8,867億円 ▽居宅(介護予防)サービス分/4,1…

介護保険最新情報vol.1014について

《介護保険最新情報vol.1014》 今年度の介護報酬改定の効果を検証したり、介護現場の課題を把握したりするための国の実態調査が始まる。対象となる施設・事業所へ今月から調査票が配布されていく。【Joint編集部】 2024年度に控える次の制度改正、報酬改定を…

訪問介護が果たす「重大な役割」

10月から、新たなケアプラン検証のしくみがスタートしました。今回の検証プランの抽出基準の一つに、訪問介護の位置づけ割合が含まれています。その検証に際し、求められることは何でしょうか。地域で求められる「訪問介護の役割」という視点から掘り下げま…

LIFE活用、当事者参加を忘れるな

社会保障審議会・介護給付費分科会で、2021年度介護報酬改定の効果検証等にかかる調査方法の議論が進んでいます。改めて注目したいのが、「LIFEを活用した取組み状況」について。調査票の内容等をもとに、これからの科学的介護に必要なビジョンを整理します…

介護保険最新情報Vol.1013について

《 介護保険最新情報Vol.1013 》 厚生労働省は1日から、介護職員処遇改善加算の上位区分の取得を目指す事業者などを後押しするための研修会を、オンデマンド配信の形で開始した。【Joint編集部】 下位区分の「加算IV」と「加算V」を今年度いっぱいで廃止する…

介護のLIFE導入で時間外労働も 老施協調査 データ入力など負担

全国老人福祉施設協議会が7月に実施した「LIFE(科学的介護情報システム)導入状況調査」の結果が分かった。【鈴木啓純】 LIFEへのデータ提出を済ませるために、少なからぬ施設で職員の時間外労働が生じている − 。そう報告されている。現場の負担が重くなっ…

介護施設のクラスター、全国で2000件に 低水準の傾向が続く

《 ワクチン接種を受ける職員ら(代表撮影)》 厚生労働省は29日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】 9月27日0時の時点でちょうど2000件。ただし、最近の低水準の傾向は変わらず維持さ…

10月からのコロナ感染対策補助金、介護は上限6万円 厚労省

「感染防止対策の継続支援」の周知について(9/28付 事務連絡)《厚生労働省》 新型コロナウイルス感染症への感染防止対策について、介護報酬への上乗せによる特例措置に代わる、10月からのかかり増し経費を支援する補助金の概要が決まった。都道府県の地域…

介護保険最新情報Vol.1010について

《 介護保険最新情報Vol.1010 》 厚生労働省は27日、今年度から本格的な運用が始まった「LIFE(科学的介護情報システム)」についての問い合わせの受け付け体制を、10月1日から一部変更すると発表した。【鈴木啓純】 介護保険最新情報のVol.1010を発出し、「…

厚労省通知Vol.1009について

《 介護保険最新情報Vol.1009 》 来月から導入される新しいケアプラン検証・点検の制度をめぐり、詳しい運用の方法や留意点などを示す通知が22日に発出された。厚生労働省はこの中で、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなどに併設(*)されている…

「LIFEはこれから」 有識者ら擁護 厚労省も理解求める=介護給付費分科会

《 厚労省 》 介護報酬を議論する社会保障審議会・介護給付費分科会が27日にオンラインで会合を開いた。話題となったのはやはり、今年度から本格的な運用が始まった「LIFE(科学的介護情報システム)」だ。【Joint編集部】 事務作業の煩雑さ、フィードバック…

介護報酬のコロナ特例、今月末で打ち切りに 補助金へ切り替え 厚労相表明

《 田村憲久厚生労働相 2021年8月撮影 》 コロナ禍を踏まえ各サービスの介護報酬を0.1%上乗せしている現行の特例措置について、田村憲久厚生労働相は24日の閣議後会見で、「実費補助の形へ切り替えていく」との方針を表明した。【Joint編集部】 介護現場の感…

厚労省通知Vol.1008について

《 介護保険最新情報Vol.1008 》 全国の市町村が介護予防などを展開している介護保険の地域支援事業について、厚生労働省は21日に実施要綱の改正を通知した。【Joint編集部】 介護保険最新情報のVol.1008で改正点の概要を広く周知している。 介護保険最新情…

厚労省通知Vol.1009について

《 介護保険最新情報Vol.1009 》 来月から導入する新しいケアプラン検証の制度について、厚生労働省は22日、詳しい運用の方法や留意点などを明らかにする通知を発出した。介護保険最新情報Vol.1009で広く周知している。【Joint編集部】 対象となる事業所に対…

抗体カクテル療法、往診での使用が可能に 厚労省事務連絡

新型コロナウイルス感染症における中和抗体薬「カシリビマブ及びイムデビマブ」の医療機関への配分について(疑義応答集の追加・修正)(9/17付 事務連絡)《厚生労働省》 抗体カクテル療法と呼ばれる新型コロナウイルス感染症に対する中和抗体薬「ロナプリ…

介護報酬のコロナ特例、詰めの調整 厚労相「方法を議論する」 延長や代替策も

《 田村憲久厚労相 9月17日撮影 》 田村憲久厚生労働相は21日の閣議後会見で、介護報酬を一時的に引き上げているコロナ禍の特例措置が今月末で打ち切りとなる問題に言及。介護現場が適切な感染防止策を続けられるようにする観点から、来月以降の対応を政府内…

厚労省通知vol.1007について

《 介護保険最新情報Vol.1007 》 厚生労働省が展開している新型コロナウイルス対策の専門家による介護事業所向けの実地研修 − 。参加者の3次募集が今月20日から始まる。16日に発出された介護保険最新情報のVol.1007介護保険最新情報のVol.1007で日程が周知さ…

厚労省、診療報酬改定の論点整理を提示 リハ職の訪問看護の適正化も

《 厚労省 》 来年4月に迫った次の診療報酬改定に向けて会合を重ねている中医協 − 。厚生労働省は15日の総会で、これまでの議論を集約した論点整理を提示した。【北村俊輔】 例えば、「質の高い訪問看護の適切な評価」や「在宅医療・介護の切れ目ない提供体…

介護報酬0.1%増のコロナ特例、延長も視野 厚労相「財務相としっかり話す」

《 田村憲久厚労相 9月15日 》 コロナ禍を踏まえ各サービスの介護報酬を0.1%上乗せしている現行の特例措置について、15日の衆院・厚生労働委員会の閉会中審査では、与党の議員から政府に延長を求める声が相次いだ。田村憲久厚労相はこれを受け、「財務大臣と…

厚労省通知vol.1006について

《 介護保険最新情報Vol.1006 》 今秋から導入される新しいケアプラン検証の制度をめぐり、その対象範囲を定める基準が14日に告示された。厚生労働省は介護保険最新情報のVol.1006で広く周知している。【Joint編集部】 区分支給限度基準額の利用割合が高く、…

21年度報酬改定の効果検証、調査票案おおむね了承 社保審・委員会

社会保障審議会 介護給付費分科会 介護報酬改定検証・研究委員会(第23回 9/10)《厚生労働省》 社会保障審議会・介護給付費分科会の「介護報酬改定検証・研究委員会」は10日、2021年度介護報酬改定の効果検証と調査研究についての同年度調査の調査票案を、…

LIFE活用、来月にも実態調査 訪問介護や居宅介護支援の加算創設も検討

《 厚労省 》 今年度の介護報酬改定の効果を検証しつつ、次の2024年度改定をめぐる議論で使うデータも集める − 。こうした目的で実施する今年度の調査の内容を、厚生労働省は10日の専門家会議で固めた。【Joint編集部】 新たなデータベース「LIFE(科学的介…

障害福祉→介護保険、多くの自治体が自己負担の軽減措置を周知せず 厚労省

《 厚労省 》 障害福祉サービスの見直しなどを議論する社会保障審議会・障害者部会 − 。8月末に開かれた会合では、「高齢の障害者に対する支援」が俎上に載せられた。論点の1つとなったのは、利用者の自己負担とその軽減策のあり方だ。【Joint編集部】 厚生…

介護報酬0.1%増のコロナ特例、今月打ち切りに「待った」 介護団体が相次ぎ要望

平時には無い負担がのしかかる状況は今も変わっておらず、トンネルの出口も一向に見えてこない − 。そう訴えている。【Joint編集部】 老健施設の経営者らで組織する全国老人保健施設協会は7日、日本認知症グループホーム協会とともに田村憲久厚生労働相へ要…

他業界から介護への転職で20万円、要件の弾力化を検討 厚労省 財源上積みも

《 厚労省 》 新たに介護業界へ入って働き始める未経験の人に最大20万円を支払う制度について、厚生労働省は来年度に向けて要件の見直しを検討していく。【Joint編集部】 初任者研修などを受けて介護職員になれば最大20万円を"就職支援金"として貸し、そのま…

地域医療介護総合確保基金介護分、21年度1回目内示額は468.24億円

令和3年度地域医療介護総合確保基金(介護分)の内示(1回目)について(9/6)《厚生労働省》 厚生労働省は6日、2021年度の「地域医療介護総合確保基金(介護分)」について、1回目の内示額を公表した。47都道府県での総額は468.24億円(国費)。基金規模(…

介護施設のクラスター、更に増加 直近1週間で47件発生 厚労省

《 田村厚労相(2021年7月撮影)》 厚生労働省は1日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数が、8月30日0時の時点で計1884件にのぼったと明らかにした。【Joint編集部】 直近1週間の発生件数は47件。前週から13件増えた…

テーマは「対人援助の本質」「原点回帰」 ケアマネ協会の全国大会、1千人超が参加

《 日本介護支援専門員協会・柴口里則会長(2019年の大会時に撮影)》 日本介護支援専門員協会の全国大会が、8月28日、29日の2日間にわたり山口県で開かれた。【Joint編集部】 今年のテーマは「対人援助の本質を問う!」。副題には「原点回帰」というスロー…

介護の給付費、膨張続く 足元の実績で10兆円 来年度は12兆円超の見込み

厚生労働省は31日、介護保険の運用の動向を明らかにする「事業状況報告」の最新版を公表した。2019年度の年間の実績をまとめたものだ。【Joint編集部】 それによると、2019年度の介護保険の費用額は10兆7812億円。前年度比で3493億円(3.3%)の増だった。 費…

介護職にもう一度慰労金を!! 老施協が厚労省へ要望書を提出

《 厚労省老健局長に要望書を手渡す園田修光全国老施協常任理事・参議院議員(右)》 特養の経営者らで組織する全国老人福祉施設協議会は8月31日、コロナ禍を踏まえた慰労金を介護職に再支給することなどを盛り込んだ要望書を、田村憲久厚生労働相に提出した…

厚労省、介護助手の人材確保へ新事業 「普及推進員」の全国配置を計画

《 厚労省 》 介護現場で周辺業務を行い専門職らをサポートする「介護助手」の人材確保に向けて、厚生労働省は来年度から新事業を始める計画だ。【北村俊輔】 都道府県が福祉人材センターへ「介護助手等普及推進員(仮称)」を配置した際に、人件費などを補…

リハ職の訪問看護に適正化を求める声 中医協 診療報酬改定の論点に浮上

《厚労省》 中医協は25日の総会で個別テーマの議論を行い、在宅医療のあり方を俎上に載せた。厚生労働省は「質の高い訪問看護の適切な評価」などを論点として提示した。【北村俊輔】 理学療法士などリハビリテーション専門職による訪問看護の適正化が再び争…

YouTubeで学ぼう 適切なケアマネジメント手法の手引き、短尺の解説動画が公開

《 介護保険最新情報Vol.1005 》 厚生労働省が6月に通知で活用を促した「適切なケアマネジメント手法の手引き」− 。その解説動画がYouTubeに投稿された。【鈴木啓純】 厚労省は24日に出した介護保険最新情報のVol.1005で周知。現場の関係者に対し、ケアマネ…

小多機の登録・利用定員の基準改正、26日施行を周知 厚労省通知

「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準の一部を改正する省令」の公布…

濃厚接触者の自宅待機、介護施設の団体が見直し要請 「体制が維持できない」

新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となった医療職の取り扱いについて、厚生労働省は18日、自宅待機のルールの緩和を認める通知を発出した。介護職にも同様の措置を講じるよう、全国老人福祉施設協議会など介護施設の団体が要望書を提出している。【鈴木…

介護施設のクラスター、計1800件超に 週10件台の水準続く

《 田村厚労相 18日 》 厚生労働省は18日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数が、16日0時までの時点で1800件を超えたと発表した。【Joint編集部】 直近1週間の発生件数は15件。全国規模で感染の急拡大に歯止めがか…

自動ドアの事故、医療・福祉施設で多発 厚労省が事務連絡

自動ドアの事故防止に関する情報提供について(8/6付 事務連絡)《厚生労働省》 厚生労働省老健局高齢者支援課などは6日、自動ドアの事故防止について各介護保険関係団体に事務連絡を出した。消費者庁の消費者安全調査委員会がこのほど、自動ドアによる事故…

「通所系で特に大きな影響」 介護事業所、コロナ禍で多くが収支悪化 厚労白書

昨年度、新型コロナウイルスの流行が介護サービス事業所の経営に与えた影響はどうだったのか? 7月末に閣議決定された今年版の「厚生労働白書」では、そのことが改めて整理されている。【Joint編集部】 「特に通所系の事業所で一時的に大きな影響が生じた」…

ケアプラン検証対象の居宅介護支援事業所は約3% 厚労省

社会保障審議会介護給付費分科会(第202回 7/28)《厚生労働省》ほか 厚生労働省は28日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、「居宅介護支援事業所単位で抽出するケアプラン検証について」の報告を行った。区分支給限度基準額の利用割合が高く、かつ、訪問…

介護の新ケアプラン検証、限度額の7割利用などで該当 厚労省 10月から導入へ

《 厚労省 》 区分支給限度基準額の利用割合が高く、かつ、訪問介護がサービスの大部分を占めるケアプランを作っている居宅介護支援を、事業所単位で抽出していく − 。今年10月から導入される新たなケアプラン検証の制度だ。厚生労働省は28日、社会保障審議…

他業界→介護職員で20万円を支給、要件の初任者研修は就職後でもOK!! 厚労省

コロナ禍で従来の仕事を辞めることになった人も含め、転職を考えている他業界の未経験者に介護現場へ多く来てもらうための施策をめぐり、厚生労働省は20日に今年度のメニューを改めて紹介する通知を発出した。【Joint編集部】 新たに介護職員となって働き始…

介護職員、2040年度までに69万人増が必要 厚労省「対策を強化する」

《 厚労省 》 厚生労働省は9日、将来の介護職員の必要数を推計した結果を新たに公表した。自治体が最新の介護保険事業計画(第8期)に盛り込んだ今後のサービス提供の見込み量を基に算出したもの。【Joint編集部】 それによると、2025年度の必要数は約243万…

介護職員の処遇改善は進んだか? 厚労省、今年10月に調査実施へ

《 厚労省 》 厚生労働省は今年度、介護職員の処遇改善の進捗を把握するための実態調査を行う。【Joint編集部】 処遇改善加算の効果が表れているか、賃金がどれくらい上がっているかを詳しく調べる。今年度の介護報酬のプラス改定が現場に及ぼした影響も探る…

厚労省、適切なケアマネジメント手法の手引きを公表!! 活用呼びかけ

《 介護保険最新情報Vol.992 》 これまで国が継続して検討を進めてきた「適切なケアマネジメント手法」の手引きが公表された。 厚生労働省は22日、そのことを周知する介護保険最新情報のVol.992を発出。ケアマネジメントの質の向上に役立てて欲しい、と現場…