厚労省・介護保険

介護の書類、押印の廃止進む 95%の都道府県が実施 厚労省調査

介護サービス施設・事業所に提出してもらう各種の書類について、押印の廃止に取り組んでいる都道府県が95.7%にのぼっている − 。厚生労働省は20日にそうした調査結果を明らかにした。【Joint編集部】 政令指定都市・中核市では93.9%、市町村では84.4%が押印…

介護事業所の実地指導、オンライン対応も容認へ 厚労省方針 名称を「個別指導」に変える案も

《 20日の専門委員会の会合 》 介護現場を悩ませる事務負担の軽減に向けた方策を話し合う社会保障審議会の専門委員会で、厚生労働省は20日、施設・事業所に対する自治体の実地指導の見直し案を提示した。【Joint編集部】 実際に現場へ行かなくても確認できる…

感染急拡大下、「応援人員が足らない」 という状況も想定した一手を

新型コロナウイルスをめぐっては、高齢者介護施設等におけるクラスター発生も再び二桁台に上りました。一昨年来、繰り返し訪れる感染拡大の中で、介護サービス基盤をどう守っていくのかはますます大きな課題です。 事業者団体はさらなる待期期間短縮を要望 …

布製マスクの配布希望の申出方法、専用フォームに変更

布製マスクの配布希望の申出方法の変更について(1/17付 事務連絡)《厚生労働省・内閣府・文部科学省》 厚生労働省と内閣府、文部科学省は17日に連名で、介護施設等への布製マスクの配布希望について、メールによる申出方法を専用フォームからの申出に変更…

介護施設のクラスター急増 第5波ピーク超える 直近1週間で52件

厚生労働省は19日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】 17日0時までの直近1週間で52件。オミクロン株の猛威による全国的な感染の急拡大を受けて、前週から大幅に増加した。昨夏の第5波の…

「介護職が雪かきをしている」 デイサービス協会、大雪時の送迎の支援を要請

通所介護の利用者の送迎にあたり、大雪への対応を余儀なくされている事業者を報酬面で支援して欲しい − 。こう呼びかける声明を、日本デイサービス協会が公式サイトに掲載した。【Joint編集部】 「安全運行への支障はもちろん、雪かきなどの重労働を介護職員…

オミクロン株感染者の濃厚接触者の待機期間を10日に短縮

B.1.1.529系統(オミクロン株)の感染が確認された患者等に係る入退院及び濃厚接触者並びに公表等の取扱いについて(1/14付 事務連絡)《厚生労働省》 厚生労働省は、新型コロナウイルスのオミクロン株感染者の濃厚接触者に求めている自宅などでの待機期間…

介護職の濃厚接触者、やむを得ない緊急時は待機期間なしに 介事連が政府に要望

《 厚労省・老健局長(左)に要望書を手渡す介事連・斉藤理事長(右)》 新型コロナウイルスの濃厚接触者と判定された介護職・福祉職の取り扱いをめぐり、全国介護事業者連盟が18日に厚生労働省へ要望書を提出した。サービスを維持して利用者を守るためにど…

千葉大・近藤教授「社会参加しやすい街作りを」 高齢社会フォーラムで講演

《 講演する千葉大・近藤克則教授 》 内閣府は17日、今年度の「高齢社会フォーラム」をオンラインで開催した。今回のテーマは、「リアルもデジタルもいきいきとつくる豊かな長寿社会」だ。【北村俊輔】 基調講演を行った千葉大学予防医学センターの近藤克則…

【解説】介護職員の賃上げ、来月開始へ 補助金・新加算のルールまとめ

来月から始まる介護職員らの月額3%(9000円)ほどの賃上げ − 。国は補助金と介護報酬の新加算を使って実現する考えで、その具体像を既に審議会などで明らかにしている。取得要件や申請手続きなどのルールを改めて整理していく。【Joint編集部】 介護サービス…

高齢者に感染波及で重症者の増加につながる可能性 厚労省

新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(第67回 1/13)《厚生労働省》 厚生労働省は13日、第67回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの感染状況の分析・評価などを公表した。デルタ株と比較してオミクロン株による感染は重症化し…

濃厚接触者の待機期間、介護職員は6日に短縮 検査など具体的な要件は?

《 後藤茂之厚労相(2022年1月撮影)》 新型コロナウイルスの「オミクロン株」の急速な感染拡大を受けて、厚生労働省は14日、濃厚接触者の自宅などでの待機期間を短縮すると発表した。【Joint編集部】 従来の14日間から10日間となるが、介護・福祉の現場を支…

10月からの新たな処遇改善策にも コロナ禍での視点は不可欠

2022年初となる介護給付費分科会が開かれ、10月からの継続的な処遇改善に向けた「介護報酬上でのしくみ」が提案されました。イメージ的には、新たな処遇改善加算という位置づけです。果たして、現場の従事者が「改善」を実感できる施策となるのでしょうか 濃…

リハ職の訪問看護、医療でも適正化へ指示書の記載見直し 厚労省方針

《 厚労省 》 来年度の診療報酬改定を議論する中医協は14日の総会で、理学療法士らリハビリテーション専門職が訪問看護の枠組みで患者へ提供するサービスについて、4月から訪問看護指示書の記載欄を見直す案を了承した。【Joint編集部】 厚生労働省は今後、…

【介護職賃上げ】3分の2ベースアップ要件、厚労省「しっかり確認する」 実績報告で点検

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》 給与増の3分の2はベースアップ(*)で実施すること − 。来月から始まる介護職員の賃上げで新たに設けるこの要件について、厚生労働省は現場での実効性を確実に担保する仕組みを構築したい考えだ。【Joint編集部】 * …

介護事業者の倒産、昨年81件 3年ぶり減も経営環境の厳しさ続く

昨年1年間の介護事業者の倒産が81件にのぼったことが、東京商工リサーチの特別調査によって明らかになった。【Joint編集部】 コロナ禍に伴う資金繰りの支援策が奏功し、過去最多だった前年より37件減った。減少は3年ぶり。介護報酬のプラス改定が影響した可…

第3の処遇改善加算に「一本化の検討を」「簡素化すべき」の声=介護給付費分科会

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》 厚生労働省は12日の審議会で、来月から補助金で実現する介護職員の月額9000円ほどの賃上げを恒久化していくため、今年10月の臨時の介護報酬改定で新たな加算を創設することを提案した。既存の処遇改善加算、特定処遇改…

オミクロン株、国内発生が3,000件超に 厚労省発表

オミクロン株の国内発生状況について(1/12)《厚生労働省》 厚生労働省は12日、オミクロン株の国内発生状況(11日午後9時時点)を発表した。11日分として新たに696件(水際関係の空港検疫251件・都道府県発表4件を含む)を計上しており、国内発生状況(202…

感染急拡大下でのケアマネ 過去の臨時的取扱いだけで対応は可能か?

新型コロナウイルスの感染が再び急拡大する中、厚労省のアドバイザリーボード(専門家による対策助言のための会合)でも、「介護現場における感染や濃厚接触による職員の離脱」が大きく広がることを危惧しています。サービス休止等の拡大も懸念される中、ケ…

介護職の賃上げ、10月から新加算を創設 厚労省案 第3の「処遇改善加算」に

《 厚労省 》 来月からの介護職員らの賃上げを恒久化するため、政府が今年10月の実施を決めた臨時の介護報酬改定 − 。厚生労働省はそこで新たな加算を創設する方向で検討していく考えだ。今回の月額3%(9000円)増を具体化する補助金を織り込む形をとり、支…

介護職員の新たな処遇改善加算、加算率公表 厚労省 申請手続きは8月から

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》 厚生労働省は12日の社会保障審議会・介護給付費分科会で、来月から実施する介護職員の月額9000円ほどの賃上げを恒久化するため、今年10月の臨時の介護報酬改定で新たな加算を創設することを提案した。【Joint編集部】 …

「ケアマネも賃上げの対象に」「併設事業所への配分を認めて」 介護支援専門員協会が審議会で要請

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》 今年10月に実施される臨時の介護報酬改定がテーマとなった12日の社会保障審議会・介護給付費分科会 − 。来月から補助金で実現する介護職員の月額9000円ほどの賃上げを恒久化するため、厚生労働省は新たな加算を創設する…

介護施設のクラスター、再び増加 3ヵ月ぶりの2桁台 厚労省

厚生労働省は12日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】 11日までの直近1週間の発生件数は19件。オミクロン株の感染拡大などを受けて再び増加に転じた。2桁は10月の第2週以来およそ3ヵ月…

アベノマスク配布、問い合わせ多数で申請期限を延長 厚労省 今月28日まで

《 厚労省 》 コロナ禍を受けて大量に調達した布マスクの在庫の配布について、厚生労働省は11日、今月14日までとしていた申請の期限を28日まで延長すると公表した。【Joint編集部】 これに伴い「1月中旬以降」としていた到着時期も改め、2月以降に順次配布し…

オミクロン株の感染拡大で 未曾有の「サービスSTOP」が訪れる!?

年明けから、再び新型コロナウイルスの感染が急拡大しています。年末年始での宴席や移動等の増加に加え、感染力の強いオミクロン株の割合上昇等が要因と指摘されています。一部地域では、医療機関のみならず介護現場のサービス提供にも影響が及びつつありま…

厚労相「介護施設の高齢者らへのワクチン3回目接種に万全を期す」

《 後藤茂之厚労相 7日 》 後藤茂之厚生労働相は7日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の急拡大が懸念されることを踏まえ、介護施設の高齢者らに対するワクチンの追加接種を急ぐ姿勢を改めて強調した。【Joint編集部】 「今…

「介護職の離脱の可能性が高い」 厚労省助言委、オミクロン急拡大で懸念

《 厚労省助言委・脇田隆字座長 》 新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省のアドバイザリーボードが6日に会合を開き、直近の感染状況の評価を新たに公表した。【Joint編集部】 「デルタ株からオミクロン株への置き換わりが進みつつある。今後さらに感…

オミクロン株感染者、宿泊・自宅療養も可能に 厚労省

新型コロナウイルス感染症の感染急拡大が確認された場合の対応について(1/5付 事務連絡)《厚生労働省》 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡り、厚生労働省は5日、陽性者全員を入院させる従来の方針を見直し、感染が広がっている地域で…

介護職員の賃上げに保有財産の積極活用を 厚労省、社会福祉法人へ通知

《 厚労省 》 「保有する財産を介護職員らの賃上げに積極的に活用して欲しい」。厚生労働省は5日、特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人にそう促す通知を発出した。【Joint編集部】 各々の地域で公益的な活動を展開する責務を課されている社会福祉…

20年10月1日時点で介護医療院536施設、前年比約2.2倍に 厚労省調べ

令和2年介護サービス施設・事業所調査の概況(12/28)《厚生労働省》 2020年10月1日時点の介護医療院の数が1年前と比べて約2.2倍に増えていたことが、厚生労働省の調査で明らかになった。一方、24年3月末で廃止される介護療養型医療施設は3割超減った。 厚…

居宅介護支援事業所、昨年度4万件割れ 背景は? これからどうなる?

2020(令和2)年度の介護サービス施設・事業所調査の結果が公表されました。地域密着型通所介護が200近く減るなど、やはり新型コロナ禍の影響が伺えます。同時に気になるのは、居宅介護支援事業所の大幅減。2014年度以来となる4万件割れとなりました。 介…

2020年度の高齢者虐待実態調査。 現場も注視したい3つの課題

高齢者虐待防止法にもとづく、2020(令和2)年度の高齢者虐待実態調査の結果が公表されました。養介護施設従事者等による虐待については、相談・通報件数、虐待判断件数ともに対前年度比で減少。一方、養護者(家族等)による虐待については、いずれも2006…

今年度のケアマネ試験、合格率は23.3% 厚労省公表 合格者は4年ぶり1万人超

今年10月に実施された第24回介護支援専門員実務研修受講試験について、厚生労働省は28日までに全国の結果を公式サイトで公表した。【北村俊輔】 それによると、受験した5万4290人のうち合格したのは1万2662人。合格率は前回(17.7%)より5.6ポイント高い23.…

介護職の賃上げ、どう評価? 現場からは不満の声も 「インパクトが乏しい」「なぜ対象外…?」

介護職員らの賃金を月額3%(9000円)ほど引き上げる来年2月からの賃上げ − 。その新たな制度の基本デザインも明らかになったが、現場を支える介護事業者はどう捉えているのだろうか。3人の経営者に率直な受け止めや評価を語ってもらった。【Joint編集部】 「…

厚労省通知vol.1026について

介護職員らの給与を来年2月から月額3%(9000円)ほど引き上げるための新たな補助金について、厚生労働省は27日、交付要件や申請手続きなどの案を紹介する通知を全国の自治体へ発出した。【Joint編集部】 今月24日に公表した案を踏襲した内容。今回の通知には…

処遇改善加算、来年度計画書の提出期限は4月 厚労省 賃上げの事務負担に配慮

《 厚労省 》 介護職員の賃上げに向けて介護報酬に設けている既存の処遇改善加算、特定処遇改善加算について、厚生労働省は来年度の計画書の提出期限を4月まで遅らせる方向で調整を進めている。【Joint編集部】 通常は2月だが、介護職員の月額3%(9000円)ほ…

介護施設の人員配置3対1→4対1に業界から苦言 介護福祉士会「時期尚早」

《 日本介護福祉士会・及川ゆりこ会長 》 介護施設の人員配置基準を思い切って見直すよう求める声が政府内であがっていることについて、日本介護福祉士会の及川ゆりこ会長は24日に公式サイトで声明を発表した。【Joint編集部】 現行の3対1を4対1へ緩和する案…

厚労省、布マスクの在庫を来月14日まで配布 介護施設や自治体など対象

《 昨年に国民へ配布された布マスク 》 後藤茂之厚生労働相は24日の閣議後会見で、政府が新型コロナウイルス対策として大量に調達した布マスクの余った在庫について、配布希望の受け付け期限を来月14日までにすると発表した。【北村俊輔】 引き続き介護施設…

介護職による高齢者虐待、初の減少 厚労省「コロナ禍が影響した可能性も」

厚生労働省は24日、高齢者に対する虐待の状況を把握する調査の最新の結果を公表した。【Joint編集部】 昨年度、介護サービスの職員が加害者となったケースの相談・通報件数は、前年度より170件少ない2097件。2009年度以来11年ぶりの減少となった。 介護サー…

介護職員の賃上げ、サービスごとの補助率を公表 厚労省 交付は来年6月

《 厚労省 》 厚生労働省は24日、介護職員らの月額3%(9000円)ほどの賃上げを来年2月から実施するための新たな補助金について、詳しい支給ルール案を公表した。【Joint編集部】 補助金の交付は来年6月からで、対象は既存の「処遇改善加算」の(I)から(III…

ケアマネにも関係。 通いの場等の推進に向け、今必要なこと

新型コロナウイルスの感染については、オミクロン株による国内の市中感染例が認められるなど、再び予断を許さない状況が迫りつつあります。そうした中、感染防止に配慮した「通いの場等の取組みを実施するための留意事項」について、厚労省が通知を出しまし…

介護事業者向けBCP作成セミナーを開催 21年度厚労省委託事業

介護事業者のため務継続計画(BCP)作成セミナー(令和3年度委託事業 介護サービス類型に応じた業務継続計画(BCP)作成支援事業)の開催について(周知依頼 )(12/15)《厚生労働省》 厚生労働省は15日、2021年度厚生労働省委託事業「介護事業者のための…

避難確保計画作成の手引きの改定案で議論 国交省・厚労省の検討会

令和3年度高齢者施設等の避難確保に関する検討会(フォローアップ会議)(12/20)《国土交通省・厚生労働省》 国土交通省と厚生労働省は20日、「要配慮者利用施設における避難確保計画の作成・活用の手引き」の改定内容などについて、有識者会議に意見を求…

厚労省通知vol.1023について

"適切なケアマネジメント手法"の普及に向けた取り組みを国と進めている日本総研が21日、有識者のインタビュー動画を新たにYouTubeへ投稿した。厚生労働省が介護保険最新情報のVol.1023でこれを周知している。【Joint編集部】 厚労省は今年6月、日本総研とと…

規制改革会議、介護施設の人員配置基準の緩和を促す 4対1を求める声も

これから人手不足が厳しさを増していくことを見据え、生産性の向上を図りつつ介護施設の人員配置基準を緩和してはどうか − 。政府の規制改革推進会議がそんな方向で議論を進めている。【Joint編集部】 20日の医療・介護の専門会合で、思い切った改革に前向き…

介護保険外の制度見直しが続々。ケアマネ実務への影響は?

2021年度補正予算案が衆議院を通過しましたが、2月からの月額平均9000円アップの施策について、居宅介護支援は含まれないままです。その分、10月からの処遇改善策に注目が集まります。ポイントは、これから先の「多様な制度変更」も含めて、ケアマネ実務を…

健康寿命、男女とも延伸 平均寿命との差も縮小 厚労省

介護などを受けずに日常生活を制限なく送れる期間を示す「健康寿命」について、厚生労働省は20日に最新のデータを公表した。【Joint編集部】 2019年時点で男性が72.68年、女性が75.38年。3年前の2016年と比べて、男性が0.54年、女性が0.59年延伸していた。 2…

介護職の賃上げ 後藤厚労相、交付金の事務負担の軽減に努める意向

《 予算委で挙手する後藤厚労相(12月13日撮影)》 来年2月から実施する介護職員の月額9000円ほどの賃上げについて、後藤茂之厚生労働相は17日の参議院予算委員会で、介護現場に過度な事務負担がかからないよう努める意向を示した。【Joint編集部】 既存の「…

高齢者施設の対面での面会で事例公表 厚労省が事務連絡

高齢者施設におけるワクチン接種歴等を踏まえた面会に係る事例集について(12/15付 事務連絡)《厚生労働省》 厚生労働省は15日、「高齢者施設におけるワクチン接種歴等を踏まえた面会に係る事例集について」の事務連絡を各都道府県介護保険主管部(局)な…

厚労省通知vol.1022について

厚生労働省は15日、高齢者の介護予防などにつなげる通いの場の留意事項の見直しを通知した。つながりの希薄化や"閉じこもり"などを防ぐ観点から、ワクチンの接種歴も考慮して前向きに開催していくよう新たに促している。【Joint編集部】 厚労省は通知で、通…