介護福祉士国試の受験料アップ、兵庫県明石市が値上げ分を全額支給へ

f:id:caremanecom:20210921102703j:plain

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験の受験手数料が今年度から引き上げられることを受けて、兵庫県明石市は今週、値上げ分を全額負担する緊急支援策を講じる方針を打ち出した。【Joint編集部】

「負担の軽減により福祉の資格を目指す人を応援する」と説明している。人材の確保、質の向上につなげる狙いがある。

国家試験受験料値上げに対する緊急支援

介護福祉士などの受験料の引き上げは、厚生労働省が先月に正式決定したもの。理由はコロナ禍に伴うコスト増だ。感染拡大を防ぐ観点から、新たに試験会場の増設やスタッフの増員といった対応を取らねばならず、その経費を補う必要性が生じたという。

f:id:caremanecom:20210921104016j:plain

明石市は今年度、この増加分を全額支給する。対象は以下のいずれかに該当する受験者だ。

◯ 今年9月1日時点で明石市内に住所がある人

◯ 明石市内の福祉施設・事業所に勤務している人

◯ 来年4月1日までに明石市内の福祉施設・事業所での勤務が内定している人

申請の期限は来年3月31日まで。申請方法の詳細は今月中にも公表するとアナウンスしている。