日医、医師や看護職、介護職らの賃上げを支持 中川会長「非常に良いこと」

f:id:caremanecom:20211007094521j:plain

《 日本医師会・中川俊男会長 6日 》


日本医師会が6日、岸田文雄内閣が掲げる医師や看護職、介護職などの賃上げについて、積極的な支持を表明した。【北村俊輔】

この日の会見で中川俊男会長は、「賃上げに向けた公的価格の見直しは、まさに日本医師会の考える方向性と同じだ。経済の好循環が実現されるよう日医も協力していく」と賛意を示した。「医師や看護職、介護職らの所得が上がることは非常に良いことだ」と強調した。

また、賃上げのために診療報酬、介護報酬を引き上げると国民の負担増を招くことについては、「(賃上げの幅が)適正な範囲であれば、国民の理解を得られるのではないか」と指摘した。

岸田首相は今月4日の就任会見で、成長と分配の好循環によって「新しい資本主義の実現」を目指すと表明。介護職などの賃上げを分配の柱の1つに据え、「医師、看護職、介護職、さらには幼稚園教諭、保育士、こうした社会の基盤を支える現場で働く方々の所得向上に向け、公的価格のあり方を抜本的に見直す」と明言していた。
政府としては、広く民間が追随して賃上げを行う波及効果も狙いたい考えだ。