介護キャリア段位、106人が新規認定 シルバーサービス振興会

イメージ画像

介護プロフェッショナルキャリア段位制度 新規レベル認定者誕生に関するお知らせ(2021年度9月審査分)(10/21)《シルバーサービス振興会》

シルバーサービス振興会は10月21日、介護プロフェッショナルキャリア段位制度の新規レベル認定者を公表した。9月に開催されたレベル認定委員会での審議の結果、新たに106人のレベル認定者が誕生。レベル認定者の総数は7,603人となった。

サービス種類別でみたレベル認定者数が多いのは、介護老人福祉施設1,924人、介護老人保健施設1,816人、通所介護941人など。

レベル別の内訳は、▽レベル2(1)/2,752人▽レベル2(2)/2,160人▽レベル3/1,633人▽レベル4/1,032人▽ユニット/26人-だった。

>>資料PDFダウンロード

介護プロフェッショナルキャリア段位制度 新規レベル認定者誕生に関するお知らせ(2021年度9月審査分)