誤ってコロナワクチンを接種、再発防止で事務連絡 厚労省

イメージ画像

新型コロナ予防接種の間違いの防止について(その3)(10/29付 事務連絡)《厚生労働省》

厚生労働省健康局健康課予防接種室は10月29日、「新型コロナ予防接種の間違いの防止について(その3)」の事務連絡を各都道府県などの衛生主管部(局)に出した。他のワクチンを受けに来た者に、新型コロナワクチンを接種した間違い事例を挙げている。インフルエンザワクチンが多く接種される時期でもあり、改めて予防接種の手順を再確認し、間違いの発生防止に努めるよう求めている。

事務連絡では、9月30日までに報告された新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の間違いの概要をまとめた。新型コロナワクチン接種開始から同日までに、間違いとして報告のあった件数は1,805件(延べ接種回数1億6,373万8,220回)。このうち、重大な間違いとして報告があったのは739件だった。

その3で挙げられた事例では、▽同じ時間帯に新型コロナワクチンと他のワクチンの予約を受け付けており、物理的に患者が混在していた▽接種者の手が届く範囲に、複数の異なる種類のワクチンが置かれていた▽接種者は、接種直前に接種するワクチン名を確認していなかった-ことなどが、間違いの背景にあった。

これらの対策として、▽可能な限り、新型コロナワクチンと他のワクチンを接種する曜日や時間帯を分ける▽1トレイに1種類(可能な限り、1トレイに1人分)のワクチンを準備することとし、診察室内において、接種者の手が届く範囲に異なる種類のワクチンを置かない▽接種直前は一呼吸おき、接種者と被接種者とで接種するワクチン名を声に出して確認する-ことを挙げている。

>>資料PDFダウンロード

新型コロナ予防接種の間違いの防止について(その3)