介護施設のクラスター、低水準が続く 6週連続で一桁台

イメージ画像

厚生労働省は24日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】

22日0時までの時点で計2049件にのぼったという。直近1週間の発生件数は3件。今年2番目の少なさだった。

【高齢者施設】直近の週毎クラスター発生件数

一桁台はこれで6週連続。全国的に新規感染者数が減り、介護現場も引き続きクラスター対策を徹底していることから、その発生件数は低水準のまま維持されている。

政府は来月から3回目のワクチン接種を開始する計画。厚労省は医療従事者や高齢者らに加え、介護職にも積極的に接種するよう促していく考えだ。

後藤茂之厚労相は24日の閣議後会見で、「2回目から8ヵ月が経ったところでスムーズに追加接種できる体制を全国で作っていきたい」と述べた。