「必要なら制限すべきでない」 厚労省、介護施設の利用者の外出で通知

f:id:caremanecom:20211126094255j:plain

《 厚労省 》

厚生労働省が24日に出した介護施設の面会についての新たな通知 − 。この中には、利用者を外出させる際の留意点もまとめられている。【Joint編集部】

生活や健康の維持のために必要な外出は制限すべきでない、と改めて明記。いわゆる「3密」の回避、マスクの着用、手指衛生、換気など、基本的な感染防止策を徹底して行うよう重ねて呼びかけた。

社会福祉施設等における面会等の実施にあたっての留意点について

新型コロナウイルスの感染が拡大している地域については、「感染拡大防止の観点と入所者、家族のQOLを考慮して対応を検討すること」と説明。厚労省は今回の通知で、施設・居住系サービスだけでなく訪問介護、通所介護などにも同じ趣旨の要請をした。

感染状況が全国的に落ち着いていること、ワクチン接種が進んだことが通知の背景にある。今なお面会や外出に厳しい一律の制限をかけている施設も一部にあり、厚労省は現場向けに通知を発出するとアナウンスしていた。