介護施設のクラスター、今年最少の水準が続く 8週連続で一桁台

イメージ画像

厚生労働省は8日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】 

それによると、6日0時の時点で計2055件にのぼっている。直近1週間の発生件数は2件のみ。再び今年最少の水準まで低下した。一桁台はこれで8週連続。

高齢者施設 直近の週毎クラスター発生件数

海外では感染が再拡大している地域も少なくないが、国内はなお落ち着いた状況が続く。ワクチン接種が進んだことが一因とみられ、高齢者施設のクラスターもごく一部での発生にとどまっている。

専門家で構成する厚労省のアドバイザリーボードは8日の会合で、現状について「全国の新規感染者数が昨年夏以降で最も低い水準」と説明。「年末に向けて気温が低下し、屋内での活動が増える。忘年会、クリスマス、お正月などの恒例行事により、さらに社会経済活動の活発化が想定されるため、今後の動向に注視が必要」と呼びかけた。