高齢者の入院が増加、重症患者数の動向に警戒を 東京都

イメージ画像

東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議(第76回 1/27)《東京都》

東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議(第76回)が27日、都庁で開かれた。公表された「専門家によるモニタリングコメント・意見」では、入院患者の年代別割合(1月26日現在)について、「70歳代が最も多く全体の約19%を占め、次いで80歳代が約18%であった」としている。「高齢者の入院患者数及びその割合が増加しており、重症患者数の動向に警戒する必要がある」と解説している。

コメント・意見では、入院患者数については、前回(1月19日時点)の1,805人から1月26日時点で3,027人に増加したと説明。救急医療体制が大きく影響を受けていることや、各病院で新型コロナウイルス感染症患者の病床確保を進めているため、緊急対応を要する脳卒中・心筋梗塞などの救急受診の患者の入院の受け入れが困難になっていることを説明。また「新たに発生する入院患者数は、今週の入院率3.7%で試算すると、約6,235人となると推計され、医療提供体制のひっ迫が危惧される」とし、感染拡大時の医療体制に切り替える必要性を挙げている。

重症患者については、前回(1月19日時点)の10人から1月26日時点で18人と増加していることを取り上げ「今後の動向を注視する必要がある」と言及。「新規陽性者数の急速な増加に伴い、中等症患者が増加すれば、一定割合で重症患者が発生する可能性がある」と説明している。

このほか、新規陽性者数の増加比が約230%と依然として高い水準で推移していることに触れ「この水準が継続すると、1週間後の2月3日の推計値は、2.30倍の約2万4,074人/日と、爆発的な感染状況となる」と警鐘を鳴らしている。