自宅からのオンライン服薬指導、規制緩和を提案 日薬

イメージ画像

薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ(第2回 3/10)《厚生労働省》

日本薬剤師会(日薬)は10日、薬剤師が自宅から電話や情報通信機器を用いて服薬指導を実施できるように、検討を進めるべきだとの考えを厚生労働省の作業部会に示した。保育や介護をしながら働く薬剤師が自宅を離れることができないケースを想定した提案で、地域の「医療資源」を有効に活用するのが狙い。ただ、常時テレワークでオンライン服薬指導を行う勤務形態には難色を示した。

同日に開催された「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)で、橋場元構成員(日本薬剤師会常務理事)がこうした考え方を明らかにした。

橋場構成員は、検討の際の留意点を複数提示した。具体的には、自宅でのオンライン服薬指導は、▽薬局で調剤業務に従事している薬剤師が実施する▽薬局で薬剤師が行う服薬指導の「補完的業務の範囲」とする▽薬剤服用歴や併用薬、副作用歴、複数科の受診などといった患者情報の確認を必須とする-ことなど。

また、管理薬剤師が自宅からオンライン服薬指導を行う薬剤師の技能や経験、知識などを把握できていることや、実施する薬剤師が勤務する薬局の他の薬剤師とコミュニケーションを図って薬局の状況を理解できていることも、検討の際に留意する必要があるとした。

橋場構成員は、薬剤師が自宅でオンライン服薬指導を実施する際の想定されるケースとして、家族の具合が悪くなって勤務先に出向くことが難しかったり、新型コロナウイルスに感染して自宅で待機せざる得なくなったりした場合を例示。一方で「常時テレワークによる対応を前提とする勤務形態は考えにくい」とした。

オンライン服薬指導については、薬局内で実施することを医薬品医療機器等法の施行規則で定めているが、日薬はこの規制の緩和に向けた検討を開始するよう求めている。

WGでは、橋場構成員の提案に反対意見は出なかった。ただ、自宅からのオンライン服薬指導を認める場合、セキュリティ対策や患者のプライバシーの保護が課題になるとの指摘があった。

【資料PDFダウンロード】

>>資料3-2 薬剤師が自宅から行うオンライン服薬指導について(基本的な考え方)(橋場構成員提出資料)