介護施設のクラスターが減少 直近1週間で84件 10週ぶり2桁 厚労省は引き続き注意を喚起

イメージ画像

厚生労働省は30日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターが5193件にのぼったと発表した。【Joint編集部】

28日0時までの直近1週間では84件。前週よりも61件少なく、1月半ば以来10週ぶりに2桁となった。第6波のピークだった3月初めのおよそ6分の1に減少。介護現場の感染対策の徹底に加えて、3回目のワクチン接種の広がりが影響を与えているとみられる。

【高齢者施設】直近の週毎クラスター発生件数

一方、全国の新規感染者数には下げ止まりの傾向が表れ始めている。後藤茂之厚労相は30日の専門家組織の会合で、「新年度は大人数が集まる行事があり、就職や進学などで人の移動も多くなる。対策の徹底が必要。国民の皆様には感染リスクの高い行動を控えつつ、マスクの着用や3密の回避、換気など基本的な対策を心がけて欲しい」と呼びかけた。