尾身会長、自治体や病院に介護施設への支援を要請 「普段から良い関係を作って連携を」

f:id:caremanecom:20220412100130j:plain

《 会見する尾身茂会長(8日)》

新型コロナウイルスの新規感染者数が全国各地で再び増加に転じる傾向が表れていることを受けて、政府の対策分科会は8日に「緊急メッセージ」をまとめた。会合後、尾身茂会長が記者会見を開いて発表した。【Joint編集部】

自治体と医療機関に対し、高齢者施設への迅速かつ手厚い支援を重ねて要請した。

尾身会長は会見で、「高齢者施設は自分たちだけで十分な対策をとることができない。医療の専門家がいないためで、周囲の自治体や医療機関がサポートする、応援する必要がある」と改めて指摘。「感染が疑われる場合、24時間以内に検査を行ったりすると大きなクラスターになるのを防げることが多い。早期の介入はしっかりと取り組んで頂きたい」と述べた。

あわせて、「普段から高齢者施設と良い関係を作っておいて、様々な面で連携・協力していく必要がある。急に支援しようとしても無理。普段からの良い関係がないと、早期の介入もできない」と語った。

尾身会長は目下の新規感染者数の増加傾向について、まん延防止等重点措置を解除した後の夜間滞留人口や接触機会の増加などに加え、オミクロン株の「BA.2系統」への置き換わりが要因になっていると分析。「感染が急上昇する可能性がある。この時期は大事。なるべく急激に拡大しないようにできれば」と述べ、広く協力を呼びかけた。