昨年の出生数、6年連続の過去最少 人口の自然減は過去最大 人口動態統計

イメージ画像

厚生労働省は3日、2021年の人口動態統計(概数)を公表した。【北村俊輔】

それによると、昨年生まれた赤ちゃん(出生数)は前年より2万9231人少ない81万1604人。6年連続で過去最少を更新した。

1人の女性が生涯に産む子供の数を表す合計特殊出生率は、マイナス0.03ポイントの1.30。こちらも6年連続の低下となった。

一方、死亡数は前年から6万7054人増え、143万9809人と戦後最多を記録。出生数と死亡数を差し引きした人口の自然減は、62万8205人(前年比+9万6285人)で過去最大となった。

政府は少子化対策や子育て支援に力を入れると言うが、未だ状況を好転させることができていない。出生数や出生率は国の想定を超えるスピードで下降中だ。

国立社会保障・人口問題研究所が2017年にまとめた「日本の将来推計人口」(中位推計)では、昨年の出生数を88万6000人、合計特殊出生率を1.42と見込んでいた。こうした傾向が長期的に続けば、医療保険や介護保険といった社会保障の今後の財政運営にも大きな影響が及んでいく。

将来推計の見込みとの格差について厚労省の担当者は、「低下がどれくらい続くのかなど、今後の動向をしっかりと精査する必要がある」と説明。そのうえで、「今の状況が続いていけば、もちろん社会保障の支え手などにも影響が出る」と話した。

今回の統計ではこのほか、昨年1年間に結婚したカップルの数が前年比2万4391組減の50万1116組となり、戦後最小を記録したことも分かった。婚姻数は2019年にいわゆる「令和婚」で7年ぶりに増加したものの、翌年からは再び減少が続いている。