【介護報酬改定】訪問看護、初回加算を拡充 在宅移行の円滑化へ退院当日を評価 厚労省

《 厚労省 》

病院などに入院している高齢者の在宅移行の円滑化に向けて、厚生労働省は来年度の介護報酬改定で訪問看護に新たな仕組みを導入する。【Joint編集部】

訪問看護計画を新規作成した利用者の最初の訪問に上乗せする「初回加算」に上位区分を新設。病院などから退院したその日の訪問を要件とする。例えば家族との調整や服薬援助、点滴の管理など、退院当日に必要なケアに入る事業所を評価する考えだ。

厚労省は今月22日の審議会(社会保障審議会・介護給付費分科会)で、来年度の介護報酬改定の全容を決定。その中に訪問看護の「初回加算」の拡充を盛り込んだ。今年度内に告示する。