ケアプラン文例 転倒・骨折予防

リハビリをする女性



すぐに使える!ケアプラン文例集

症例別のケアプラン文例集です。

作成中の言い回しに迷ったときに「すぐに使える」ケアプラン文例を症例別に集めました。コピーしてそのままお使いください。同じようなケースがあった際に「こんな支援があるのか」と参考にしたり、複数のプランを組み合わせて使うことも可能です。忙しい日々の業務の効率化にぜひお役立てください。

なお、こちらの文例集はあくまでご参考として提供するものであり、文例集のご利用に起因してなんらかの損害が生じた場合であっても、責任は負いかねますのでご了承ください。

ケアプラン文例 転倒・骨折予防

ケアプラン文例としてニーズの高い「転倒・骨折予防の支援文例」をまとめました。自室からトイレまでの手すり設置工事、訪問看護による入浴方法の指導等、幅広く役立つ文例をご覧ください。

転倒・骨折予防の支援が入った第2表文例

居宅サービス計画書 第2表イメージ

転倒・骨折予防の支援の第2表文例です。解決すべき課題、長期・短期目標など、コピーしてお使いください。

訪問介護

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
骨折後、一人で立ち上がることが出来ないのでトイレに行くのを手伝って欲しい。 骨折後も自宅で過ごしていくことが出来る。 介助により自宅のトイレに行くことが出来る。 自宅での排泄介助
立ち上がり、トイレまでの移動、トイレへの移乗を安全に介助する

歩行時に転倒の不安があるので部屋の整理を手伝って欲しい。

清潔な環境で転倒せずに生活出来る。

室内の整理整頓を行うことで障害物がなく安全に室内を移動することが出来る。

室内の整理整頓
移動しやすいように導線を確保する

歩行が不安定で心配だが買い物・外出が出来るようになりたい。 買い物や外出で楽しみのある生活が出来る。 介助を受けて安心して買い物・外出が出来る。 買い物同行
転倒に注意してスーパーまで付き添う

 

リハビリテーション

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
歩行が不安定で転倒が心配、リハビリで体力・筋力をつけたい。 歩行が安定する。 リハビリをする機会を確保し、身体を動かすのが楽になる。

リハビリ計画書に沿ったリハビリメニュー提供
自宅でも出来るリハビリメニュー作成

リウマチによる歩行困難からくる転倒をせずに安心して生活を続けたい。    

自宅での生活を継続出来る。 転倒を防止し、安心して移動することが出来る。

下肢筋力低下予防の訓練
歩行訓練

 下肢筋力の低下があるも、認知症による危険認識の低下により何もつかわずに不意に立ち上がる等の行動がみられる為、転倒のリスクが高い。

転倒せず安定して歩行することができる。 下肢筋力を維持し、ふらつきなく歩行することができる。

リハビリ計画書に沿ったリハビリ:関節可動域訓練、下肢筋力強化、起立訓練、歩行器歩行訓練

 

おすすめ文例

イメージ画像

デイサービス・通所リハビリに関するケアプラン文例を集めたページです。
例:デイサービスに「お手伝いに行く」目標がある方への支援、通所リハ時の褥瘡の処置等

 

デイサービス

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
歩くときにふらついてしまい転ぶことが心配。転ばないように生活したい。     転倒せずに自信をもって歩くことが出来る。 歩行時のふらつきを減らすことができる。 杖を使った歩行訓練
運動プログラムへの参加
家で出来るリハビリメニュー作成
骨粗しょう症で骨が弱っているので、骨折しないで生活したい。     安全に歩く習慣がつくことで骨密度を上げることが出来る 転倒に気を付けながら歩くことが出来る

スタッフとの歩行訓練
転倒しないように足を上げて歩けるよう声掛けを行う
段差がある際も声掛けする

 

福祉用具・住宅改修

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
トイレに行く際に転びそうになることがあるが、自分でトイレに行きたい。     自分の力でトイレに行くことが継続出来る 手すりにつかまり転倒せずにトイレへ行けるようになる 自室からトイレまでの手すり設置工事
住み慣れた部屋で生活でき、できるだけ歩行能力を維持したい。 転倒せずに自宅での生活を続けることが出来る。 歩行器につかまりトイレまでと室内を移動できる。 歩行器貸与
歩行時に不具合がないかモニタリング
歩行器のメンテナンス
歩行不安定時に転倒の危険を防止するため手すりを設置したい。     安心して家の中を歩くことが出来る。 廊下と風呂入り口に手すりをつけ、転倒を防止する。 廊下・風呂入り口の手すり設置工事

 

ケアプラン作成のおすすめ<PR>

イメージ画像

タブレットを使い外出先でケアプラン作成や支援経過が入力でき、パソコンに連動するため事業所に戻る必要が無くなります。
提供票のサービス事業所への送付もソフトで完結!

 

居住系・施設系サービス

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
大腿骨骨折手術後の痛みがあるので、痛みを軽減したい。     手術後の痛みが軽減するまで、無理な加重をせずに過ごすことが出来る。 右足に体重をかけないでトイレに移乗できる。 "・移乗時の支援
・左足が地面にしっかりついたことを確認して体を支え移乗する"
右大腿骨頸部骨折より退院してきたが、認知症状により、危機意識は低く、転倒リスクは高い。可能な限り転倒を減らせるように生活環境を整える必要がある。   痛い思いをせずに、生活が続けられる。 生活環境を整え、可能な限りの外傷を防げている。 ベッド下にフットコールを設置することで、端座位になった際、職員が起きだしたことに気づける。
自分で歩いて孫に会いに行ったり受診ができるよう日頃から足腰を鍛えておきたい。     継続的に杖歩行ができ、転倒しないよう気をつけたい。 杖歩行ができ、近くの公園まで往復することができる。 スタッフによる散歩の支援
足腰の筋力を維持して、いつまでも自分の足で歩きたい。     転倒なく歩行ができる 職員の見守りの上に歩行ができる ・下肢筋力の維持 
・歩行の見守りや声掛け
 ・転倒予防
 ・センサーの設置と対応など
移動時、杖では危ないので歩行器を使用したい。     歩行器を使用し、1人で施設内での移動が安全に出来る。 介護者付き添いにより安全に歩行器を使用出来る。 歩行の際は歩行器使用、使い方について適宜声掛け
慣れるまで転倒防止のため歩行に付き添う
腰痛や関節痛があり体を動かし難いので、転倒せず安全に生活したい。     転倒を予防できる。 筋力を維持する為に日課の散歩を継続できる。 体操等を実施し運動の機会を提供する。
こちらのページの文例はPDFでダウンロード可能です
ダウンロードにはケアマネドットコムのログインが必要です