20年度介護保険費用は10兆7,783億円で過去最高を更新 厚労省

イメージ画像

令和2年度介護給付費等実態統計の概況(11/2)《厚生労働省》

厚生労働省は2日、2020年度(20年5月-21年4月審査分)の「介護給付費等実態統計」の結果を公表した。介護サービスと介護予防サービスを合わせた費用は10兆7,783億円で、過去最高だった19年度の10兆5,095億円を上回った。

20年度内に一度でも介護サービスまたは介護予防サービスを受けた人は、前年度比10万7,900人増の621万9,000人。内訳は、介護サービスが532万8,000人(前年度比1.1%増)、介護予防サービスが109万9,500人(0.6%増)だった。

介護サービスの受給者のうち、居宅サービスを受けたのは406万2,700人(1.2%増)、施設サービスは129万1,900人(0.6%減)、地域密着型サービスは118万7,600人(1.2%減)、居宅介護支援は367万4,400人(0.9%増)だった。費用はそれぞれ4兆6,094億円、3兆5,590億円、1兆8,510億円、4,883億円。

居宅サービスでは、「短期入所」の受給者数が14.3%減少した。また、「訪問通所」で通所リハビリテーションが5.8%減、通所介護が3.3%減だったが、訪問入浴介護は11.9%増加した。

費用については、介護保険総合データベースに蓄積されている全ての介護給付費明細書、介護予防・日常生活支援総合事業費明細書および給付管理票を集計対象とし、利用者の自己負担額を含む。福祉用具購入費や住宅改修費など、市区町村が直接支払う費用は含んでいない。

>>資料PDFダウンロード

令和2年度「介護給付費等実態統計」の結果を公表します

令和2年度 介護給付費等実態統計の概況(令和2年5月審査分-令和3年4月審査分)