ニュース

介護職の賃上げ、申請スケジュール明らかに 計画書の提出期限は4月15日

《 厚労省 》 介護職員らの月額3%(9000円)ほどの賃上げを来月から実現するための新たな補助金について、厚生労働省は26日、申請手続きなど具体的なルールを規定する実施要綱の案を公表した 。【Joint編集部】 賃上げの見込み額や実施方法などを記す計画書…

濃厚接触の介護職らの待機期間、「適切な見直しが求められる」= 厚労省助言委

《 アドバイザリーボードの会合(2022年1月撮影)》 新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省のアドバイザリーボードが26日に会合を開催。直近の感染状況の分析や必要な対策などをまとめたレポートの中で、濃厚接触者となったエッセンシャルワーカーの柔…

厚労省通知vol.1030について

介護職員らの月額3%(9000円)ほどの賃上げを来月から実施するための新たな補助金について、厚生労働省は26日、支給要件などを分かりやすく解説する事業所向けのリーフレットを公表した。【Joint編集部】 あわせて、今回の賃上げに関する問い合わせなどを受…

通所系サービスの「送迎」評価 利用者のアクセス権にかかわる課題

ここ数年、北海道や日本海側は冬場の大雪に見舞われています。そうした中、一般社団法人・日本デイサービス協会が、地域の特性に応じた加算の要件緩和を求める要請をサイトに掲載しました。通所系サービス「送迎」については、2015年度改定などで現場の厳し…

介護施設のクラスター、週100件超に 1年ぶりの高水準 オミクロン株で急増続く

厚生労働省は26日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【北村俊輔】 24日0時までの直近1週間で112件。1週間の件数が100件を超えるのは、ワクチン接種が進んでいなかった昨年2月初頭以来およそ1年(50週…

「LIFE関連加算の大幅アップを」 老施協が要望書 算定要件の明確化も

《 厚労省担当者に要望内容の説明を行う老施協の園田修光常任理事(参院議員:右から2人目)》 特別養護老人ホームの経営者らで組織する全国老人福祉施設協議会は25日、今年度から本格的な運用が始まった「LIFE(科学的介護情報システム)」に関する要望書を…

介護報酬改定でどう変わった? 厚労省、5月に「経営概況調査」 全サービスの施設・事業所が対象

《 厚労省 》 厚生労働省は24日、介護サービス施設・事業所の収支などを把握する「経営概況調査」を今年5月に実施する方針を固めた。【Joint編集部】 専門家でつくる「経営調査委員会」へ日程や調査票などを提案。委員から大筋で了承を得た。 介護事業経営調…

介護事業経営概況調査の実施案を社保審・委員会に提示 厚労省

社会保障審議会 介護給付費分科会 介護事業経営調査委員会(第33回 1/24)《厚生労働省》 厚生労働省は24日、社会保障審議会・介護給付費分科会の「介護事業経営調査委員会」に、2022年度介護事業経営概況調査の実施案を示した。例年の調査内容に加えて、新…

「3対1を見直すべき」 経団連、介護施設の人員配置基準の緩和を提言

《 経団連会館 》 日本経済団体連合会が先週、医療・介護分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に向けた新たな提言を公表した。【Joint編集部】 効率的な介護記録システムや情報連携ツールの導入、見守りセンサー・ロボットの活用、高齢者の生…

濃厚接触の介護職、待機ルール緩和を検討 厚労相 沖縄特例の拡大視野

《 後藤厚労相(2022年1月撮影)》 後藤茂之厚生労働相は25日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの感染者の濃厚接触者となった介護職に自宅などで待機してもらう期間について、条件付きで0日とする特例の対象地域の拡大を検討する方針を表明した。現行では…

有料老人ホームの増加続く 前年比+5.4% 介護職員も約1万人増

厚生労働省が昨年末に公表した新たな「社会福祉施設等調査」の結果では、有料老人ホームの施設数が引き続き増加傾向にあると報告されている。【Joint編集部】 2020年10月1日時点で全国の都道府県、指定都市、中核市の有料老人ホーム数は1万5956施設。前年か…

介護サービス指定申請、22年度下期ごろからオンライン開始 厚労省

社会保障審議会 介護保険部会 介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会(第9回 1/20)《厚生労働省》 厚生労働省は介護サービス事業所の指定申請などについて、申請書類提出の電子化により対面を伴わないペーパーレス化を図るため、「介護サービス…

デルタ株による感染者も検出、重症例も発生 厚労省

新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(第68回 1/20)《厚生労働省》 厚生労働省は、第68回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(20日開催)の感染状況の分析・評価などを公表した。デルタ株からオミクロン株へと置き換わりが進…

介護給付費不正受給で指定取り消しの行政処分【岡山県】

岡山県倉敷市は2022年1月20日、市内の介護サービス事業所「デイサービスセンター工房ぼんど」について、虚偽の申請で事業所の指定を受けたとして、この施設の指定を2022年2月3日付けで取り消す行政処分を発表した。 指定の取り消し処分を受けたのは、倉敷市…

年金減額や物価上昇、医療費負担増 ──高齢者生活に押し寄せる複合要因

2022(令和4)年度の年金の改定額が公表されました。4月から(支給は6月)の国民年金・厚生年金の改定率は、2021年度から0.4%の引き下げに。一方、このタイミングで注意したいのは、物価が急速に上昇していることです。介護現場としても、気になる課題で…

認知症女性に殴られ入所男性死亡 女性を書類送検【東京都】

警視庁は2022年1月19日、東京都府中市の介護施設で、入所する男性に対しマグカップで顔面を殴り骨折させるなどして死亡させたとして、この施設に入所する70代の女性を傷害致死の疑いで書類送検した。女性は認知症で精神疾患の症状があるため、刑事責任は問わ…

沖縄県の介護職、濃厚接触者でも待機期間なし可に 厚労省通知 一定の条件下で

《 厚労省 》 新型コロナウイルスの急激な感染拡大で社会機能への影響が広がっている沖縄県に対し、厚生労働省は21日に通知を発出した。濃厚接触者と判定された介護職員について、一定の条件を満たしていれば待機期間なしで働くことを可能とするもの。【Join…

今年度の介護福祉士国試、感染者・濃厚接触者は受験不可 試験センター発表

社会福祉振興・試験センターは21日、1月30日に筆記試験を実施する今年度の介護福祉士の国家試験について、新型コロナウイルスの感染者、濃厚接触者の受験を認めない方針を公表した。社会福祉士と精神保健福祉士も同じ扱いとする。【北村俊輔】 各試験は当初…

医療機関から介護施設への看護師派遣 補助単価2倍に 厚労省

《 後藤茂之厚労相(2022年1月撮影)》 後藤茂之厚生労働相は21日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの感染者が発生した介護施設などのサービス提供体制を支援するため、医療機関からの看護師の派遣を後押しする方針を表明した。【Joint編集部】 看護師を派…

加算の要件を確認する添付書類の様式例整備で議論 社保審・専門委

社会保障審議会 介護保険部会 介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会(第9回 1/20)《厚生労働省》 社会保障審議会・介護保険部会の「介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会」は20日、加算の要件を確認する添付書類の様式例の整備など…

事業継続のため福祉施設職員の宿泊経費を支援 都のコロナ対策会議

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第69回 1/19)《東京都》 第69回東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議が19日に都庁で開かれ、「社会と家族を守るためのホテル利用の取組」などが示された。新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措…

介護の書類、押印の廃止進む 95%の都道府県が実施 厚労省調査

介護サービス施設・事業所に提出してもらう各種の書類について、押印の廃止に取り組んでいる都道府県が95.7%にのぼっている − 。厚生労働省は20日にそうした調査結果を明らかにした。【Joint編集部】 政令指定都市・中核市では93.9%、市町村では84.4%が押印…

介護事業所の実地指導、オンライン対応も容認へ 厚労省方針 名称を「個別指導」に変える案も

《 20日の専門委員会の会合 》 介護現場を悩ませる事務負担の軽減に向けた方策を話し合う社会保障審議会の専門委員会で、厚生労働省は20日、施設・事業所に対する自治体の実地指導の見直し案を提示した。【Joint編集部】 実際に現場へ行かなくても確認できる…

感染急拡大下、「応援人員が足らない」 という状況も想定した一手を

新型コロナウイルスをめぐっては、高齢者介護施設等におけるクラスター発生も再び二桁台に上りました。一昨年来、繰り返し訪れる感染拡大の中で、介護サービス基盤をどう守っていくのかはますます大きな課題です。 事業者団体はさらなる待期期間短縮を要望 …

布製マスクの配布希望の申出方法、専用フォームに変更

布製マスクの配布希望の申出方法の変更について(1/17付 事務連絡)《厚生労働省・内閣府・文部科学省》 厚生労働省と内閣府、文部科学省は17日に連名で、介護施設等への布製マスクの配布希望について、メールによる申出方法を専用フォームからの申出に変更…

介護施設のクラスター急増 第5波ピーク超える 直近1週間で52件

厚生労働省は19日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】 17日0時までの直近1週間で52件。オミクロン株の猛威による全国的な感染の急拡大を受けて、前週から大幅に増加した。昨夏の第5波の…

「介護職が雪かきをしている」 デイサービス協会、大雪時の送迎の支援を要請

通所介護の利用者の送迎にあたり、大雪への対応を余儀なくされている事業者を報酬面で支援して欲しい − 。こう呼びかける声明を、日本デイサービス協会が公式サイトに掲載した。【Joint編集部】 「安全運行への支障はもちろん、雪かきなどの重労働を介護職員…

オミクロン株感染者の濃厚接触者の待機期間を10日に短縮

B.1.1.529系統(オミクロン株)の感染が確認された患者等に係る入退院及び濃厚接触者並びに公表等の取扱いについて(1/14付 事務連絡)《厚生労働省》 厚生労働省は、新型コロナウイルスのオミクロン株感染者の濃厚接触者に求めている自宅などでの待機期間…

介護職の濃厚接触者、やむを得ない緊急時は待機期間なしに 介事連が政府に要望

《 厚労省・老健局長(左)に要望書を手渡す介事連・斉藤理事長(右)》 新型コロナウイルスの濃厚接触者と判定された介護職・福祉職の取り扱いをめぐり、全国介護事業者連盟が18日に厚生労働省へ要望書を提出した。サービスを維持して利用者を守るためにど…

千葉大・近藤教授「社会参加しやすい街作りを」 高齢社会フォーラムで講演

《 講演する千葉大・近藤克則教授 》 内閣府は17日、今年度の「高齢社会フォーラム」をオンラインで開催した。今回のテーマは、「リアルもデジタルもいきいきとつくる豊かな長寿社会」だ。【北村俊輔】 基調講演を行った千葉大学予防医学センターの近藤克則…

【解説】介護職員の賃上げ、来月開始へ 補助金・新加算のルールまとめ

来月から始まる介護職員らの月額3%(9000円)ほどの賃上げ − 。国は補助金と介護報酬の新加算を使って実現する考えで、その具体像を既に審議会などで明らかにしている。取得要件や申請手続きなどのルールを改めて整理していく。【Joint編集部】 介護サービス…

高齢者に感染波及で重症者の増加につながる可能性 厚労省

新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(第67回 1/13)《厚生労働省》 厚生労働省は13日、第67回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの感染状況の分析・評価などを公表した。デルタ株と比較してオミクロン株による感染は重症化し…

岸田首相が施政方針演説 社会保障改革で「若者世代の負担増を抑制」

《 演説する岸田文雄首相 17日 》 17日、通常国会が召集された。岸田文雄首相は施政方針演説で、新型コロナウイルス対策に全力を注ぐ姿勢をアピール。若者世代の負担増の抑制など、"全世代型社会保障"の構築を推進していく方針も改めて表明した。【Joint編集…

濃厚接触者の待機期間、介護職員は6日に短縮 検査など具体的な要件は?

《 後藤茂之厚労相(2022年1月撮影)》 新型コロナウイルスの「オミクロン株」の急速な感染拡大を受けて、厚生労働省は14日、濃厚接触者の自宅などでの待機期間を短縮すると発表した。【Joint編集部】 従来の14日間から10日間となるが、介護・福祉の現場を支…

10月からの新たな処遇改善策にも コロナ禍での視点は不可欠

2022年初となる介護給付費分科会が開かれ、10月からの継続的な処遇改善に向けた「介護報酬上でのしくみ」が提案されました。イメージ的には、新たな処遇改善加算という位置づけです。果たして、現場の従事者が「改善」を実感できる施策となるのでしょうか 濃…

濃厚接触の医療従事者、一定の要件で勤務可能 厚労省

オミクロン株の感染流行に対応した保健・医療提供体制確保のための更なる対応強化について(1/12付 事務連絡)《厚生労働省》 厚生労働省は12日、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者となった医療従事者について、毎日の検査で陰性が確認されているといっ…

リハ職の訪問看護、医療でも適正化へ指示書の記載見直し 厚労省方針

《 厚労省 》 来年度の診療報酬改定を議論する中医協は14日の総会で、理学療法士らリハビリテーション専門職が訪問看護の枠組みで患者へ提供するサービスについて、4月から訪問看護指示書の記載欄を見直す案を了承した。【Joint編集部】 厚生労働省は今後、…

【介護職賃上げ】3分の2ベースアップ要件、厚労省「しっかり確認する」 実績報告で点検

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》 給与増の3分の2はベースアップ(*)で実施すること − 。来月から始まる介護職員の賃上げで新たに設けるこの要件について、厚生労働省は現場での実効性を確実に担保する仕組みを構築したい考えだ。【Joint編集部】 * …

介護事業者の倒産、昨年81件 3年ぶり減も経営環境の厳しさ続く

昨年1年間の介護事業者の倒産が81件にのぼったことが、東京商工リサーチの特別調査によって明らかになった。【Joint編集部】 コロナ禍に伴う資金繰りの支援策が奏功し、過去最多だった前年より37件減った。減少は3年ぶり。介護報酬のプラス改定が影響した可…

第3の処遇改善加算に「一本化の検討を」「簡素化すべき」の声=介護給付費分科会

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》 厚生労働省は12日の審議会で、来月から補助金で実現する介護職員の月額9000円ほどの賃上げを恒久化していくため、今年10月の臨時の介護報酬改定で新たな加算を創設することを提案した。既存の処遇改善加算、特定処遇改…

オミクロン株、国内発生が3,000件超に 厚労省発表

オミクロン株の国内発生状況について(1/12)《厚生労働省》 厚生労働省は12日、オミクロン株の国内発生状況(11日午後9時時点)を発表した。11日分として新たに696件(水際関係の空港検疫251件・都道府県発表4件を含む)を計上しており、国内発生状況(202…

感染急拡大下でのケアマネ 過去の臨時的取扱いだけで対応は可能か?

新型コロナウイルスの感染が再び急拡大する中、厚労省のアドバイザリーボード(専門家による対策助言のための会合)でも、「介護現場における感染や濃厚接触による職員の離脱」が大きく広がることを危惧しています。サービス休止等の拡大も懸念される中、ケ…

介護職の賃上げ、10月から新加算を創設 厚労省案 第3の「処遇改善加算」に

《 厚労省 》 来月からの介護職員らの賃上げを恒久化するため、政府が今年10月の実施を決めた臨時の介護報酬改定 − 。厚生労働省はそこで新たな加算を創設する方向で検討していく考えだ。今回の月額3%(9000円)増を具体化する補助金を織り込む形をとり、支…

介護職員の新たな処遇改善加算、加算率公表 厚労省 申請手続きは8月から

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》 厚生労働省は12日の社会保障審議会・介護給付費分科会で、来月から実施する介護職員の月額9000円ほどの賃上げを恒久化するため、今年10月の臨時の介護報酬改定で新たな加算を創設することを提案した。【Joint編集部】 …

「ケアマネも賃上げの対象に」「併設事業所への配分を認めて」 介護支援専門員協会が審議会で要請

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》 今年10月に実施される臨時の介護報酬改定がテーマとなった12日の社会保障審議会・介護給付費分科会 − 。来月から補助金で実現する介護職員の月額9000円ほどの賃上げを恒久化するため、厚生労働省は新たな加算を創設する…

介護施設のクラスター、再び増加 3ヵ月ぶりの2桁台 厚労省

厚生労働省は12日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】 11日までの直近1週間の発生件数は19件。オミクロン株の感染拡大などを受けて再び増加に転じた。2桁は10月の第2週以来およそ3ヵ月…

入居者にわいせつ行為 元職員の逮捕相次ぐ【広島県】

広島県警は2022年1月6日、庄原市内の特別養護老人ホームで入居する高齢女性に対し上半身を触るわいせつな行為をしたとして、この施設の元職員、山地利之容疑者(56)を逮捕した。調べに対し、山地容疑者は容疑を一部否認しているという。 逮捕されたのは、三…

アベノマスク配布、問い合わせ多数で申請期限を延長 厚労省 今月28日まで

《 厚労省 》 コロナ禍を受けて大量に調達した布マスクの在庫の配布について、厚生労働省は11日、今月14日までとしていた申請の期限を28日まで延長すると公表した。【Joint編集部】 これに伴い「1月中旬以降」としていた到着時期も改め、2月以降に順次配布し…

介護給付費不正受給 事業所を行政処分【宮城県】

宮城県仙台市は2022年1月6日、虚偽の申告を行い介護給付費を不正に受給したとして、仙台市泉区の「合同会社FOR SMILING」が運営する障害福祉サービス事業所「ヘルパーステーションKOKUA」について、事業者の指定を取り消す行政処分を発表した。 この事業所で…

オミクロン株の感染拡大で 未曾有の「サービスSTOP」が訪れる!?

年明けから、再び新型コロナウイルスの感染が急拡大しています。年末年始での宴席や移動等の増加に加え、感染力の強いオミクロン株の割合上昇等が要因と指摘されています。一部地域では、医療機関のみならず介護現場のサービス提供にも影響が及びつつありま…