ニュース

岸田首相、新型コロナ飲み薬の年内実用化を後藤厚労相に指示

《 後藤茂之厚労相 26日 》 岸田文雄首相は26日の閣議後に、新型コロナウイルス対策の決め手になると期待されている飲み薬について、年内の実用化を目指すよう後藤茂之厚生労働相に指示した。必要量の確保に注力することも併せて要請した。【Joint編集部】 …

「フレイル予防がより重要に」 厚労省・地域介護推進課長、85歳以上の急増睨む

"コロナ時代のフレイル予防"をテーマとしたシンポジウムを医療経済研究機構が22日にオンラインで開催 − 。厚生労働省老健局の笹子宗一郎認知症施策・地域介護推進課長が講演した。【鈴木啓純】 「今後は介護予防、とりわけ早期の予防であるフレイル予防が果…

訪問・通所介護は1〜2万円 居宅は1万円 かかり増し経費の補助金、各サービスの上限額固まる

《 厚労省 》 コロナ禍に伴う介護事業所の"かかり増し経費"を補填する国の新たな補助金について、サービスごとの上限額など具体像が分かった。【Joint編集部】 主なサービスの1事業所あたりの上限額は以下の通り。訪問介護や通所介護は1万円から2万円、特養…

マイナンバーカード保険証運用開始は全体の5.1% 厚労省

社会保障審議会 医療保険部会(第146回 10/22)《厚生労働省》 厚生労働省は22日、マイナンバーカードの健康保険証に対応できる医療機関や薬局が、このシステムの本格運用が始まった20日現在、全体の5.1%にとどまったことを明らかにした。 マイナンバーカ…

これからのケアマネ処遇のあり方

2021年度の介護支援専門員実務研修受講試験の受験者数が公表されました。前年度比で7900人以上の伸びとなり、受験資格の変更によって急減した2018年度以降では、初の5万人台に回復しています。とはいえ、急減前と比較してまだ半分以下という数字です。 2021…

高齢者・障害者施設の新型コロナ感染対策事例集を作成 東京iCDC

「高齢者施設・障害者施設の新型コロナウイルス感染対策事例集」を東京iCDCで作成しました!(第2575報)(10/14)《東京都》 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は14日、東京iCDC専門家ボードが「高齢者施設・障害者施設の新型コロナウイルス感染対策…

通所介護サービスは大規模型ほどコロナの影響大きく WAMが速報値

2020年度(令和2年度)介護・福祉施設の経営状況(速報)(10/20)《福祉医療機構》 福祉医療機構(WAM)は20日、2020年度の介護・福祉施設の経営状況について、速報値を公表した。通所介護サービスは事業規模が大きいほど、サービス活動収益対サービス活動…

東洋大・高野准教授、LIFEの中長期展望に期待 「まだデータ収集段階。今後は…」

《 東洋大学ライフデザイン学部 高野龍昭准教授 》 今月13日から15日にかけて千葉県の幕張メッセで開催された「医療と介護の総合展」で、東洋大学ライフデザイン学部の高野龍昭准教授が講演した。【Joint編集部】 今年度から本格的な運用がスタートしたLIFE…

介護保険最新情報Vol.1015について

《 介護保険最新情報Vol.1015 》 厚生労働省は22日から、介護サービス事業所を対象とした新型コロナウイルス対策の実地研修の第4次募集を開始する。20日、介護保険最新情報のVol.1015で周知した。【鈴木啓純】 この研修は、感染症対策の専門家を介護現場に派…

無資格で医療行為 元施設長らを書類送検【兵庫県】

兵庫県神戸市の特別養護老人ホーム「きしろ荘」の元施設長の男性ら2人が、無資格で医療行為を行っていたとして、医師法違反と保健師助産師看護師法違反の疑いで書類送検された。調べに対し、2人は容疑を認めているという。 書類送検されたのは、神戸市灘区の…

外来→訪問の流れとケアマネ実務

2022年度の診療報酬改定に向けた中央社会保険医療協議会(中医協)の議論が、具体化の領域に入ってきました。10月13日の会合では、在宅医療にかかるテーマとして、患者が外来診療から訪問診療へと移行した場合の連携などが課題として取り上げられました。 入…

マイナンバーカードの保険証利用、20日から本格開始 今後は介護保険でも

マイナンバーカードが健康保険証として使えるようになった。20日から全国的な本格運用がスタート。カードを持っている人は、対応する医療機関なら保険証がなくても診察を受けられるようになる。【北村俊輔】 厚生労働省は来年度末までに概ね全ての医療機関で…

ケアマネ試験の受験者数、2年連続増加 今年度は5万4334人 前回比+7919人

今月10日に実施された今年度の第24回介護支援専門員実務研修受講試験の受験者数が、厚生労働省の公式サイトで発表された。【Joint編集部】 受験したのは前回より7919人多い5万4334人。コロナ禍の影響も心配されたなか、2年連続の増加となった。合格者の発表…

コロナワクチン、高齢者の2回接種完了者9割を超える 政府

新型コロナワクチンについて(10/19)、新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(10/15)《首相官邸、厚生労働省》ほか 政府は19日、新型コロナウイルスワクチンの総接種回数を更新した。高齢者を含む一般接種および医療従事者等、職域接種などの合計…

入所者に骨折の重傷負わせた介護職員を逮捕【北海道】

北海道北広島市の特別養護老人ホームで、意思の疎通が難しい80代の入所者の男性を殴り全治1か月の重傷を負わせたとして、この施設の介護職員、新井幸雄容疑者(28)が傷害の疑いで逮捕された。新井容疑者は容疑を認めているという。 逮捕されたのは、北広島…

コロナワクチンの2回接種、特養入所者の99.8%が完了 職員は97.1%に

《 新型コロナワクチン接種(代表撮影)》 福祉医療機構が15日に公表した最新の調査結果によると、特別養護老人ホームの入所者のうち新型コロナウイルスワクチンを2回接種した人の割合は99.8%にのぼると報告されている。【Joint編集部】 特養の職員では97.1%…

今後の社会課題は高齢者の困りごとの対応 田中滋氏 生活支援の強化を提言

《 慶應大学・田中滋名誉教授 14日 》 介護報酬を議論する国の審議会で会長を務める慶應大学の田中滋名誉教授が、今月14日から16日にかけて千葉県の幕張メッセで開催された「医療と介護の総合展」で、「地域包括ケアシステムの深化」をテーマに講演した。【…

「現役世代の負担」とは何か?

日本経済団体連合会(経団連)が、「今後の医療・介護制度改革に向けて」と題した提言を公表しました。その中心には、「今後の高齢化や現役世代の減少のさらなる進行」により、「高齢者の医療・介護給付費の増加は現役世代の保険料の伸びにもつながる(可処…

介護福祉士会、介護職の賃上げは「資格などに着目した段階的評価を」 "介護士"の呼称に苦言も

《 日本介護福祉士会・及川ゆりこ会長 》 岸田文雄首相が介護職らの賃上げを重点施策の1つに掲げたことを受けて、日本介護福祉士会の及川ゆりこ会長は15日に公式サイトで声明を発表した。【Joint編集部】 「介護職の価値をご評価いただき、また所得の向上に…

新しい資本主義実現会議、年内に中間報告 介護職の賃上げも論点

《 山際大志郎担当相 15日 》 政府は15日、岸田文雄首相を議長とする「新しい資本主義実現会議」の設置を正式に決めた。ここに引き継ぐ形で、既存の「成長戦略会議」は廃止する。【Joint編集部】 "実現会議"の副議長を務める山際大志郎担当相は閣議後会見で…

保険給付費の総額は8,867億円 介護保険事業状況報告・厚労省

介護保険事業状況報告の概要(令和3年7月暫定版)(10/5)《厚生労働省》 厚生労働省は5日、2021年7月の「介護保険事業状況報告の概要(暫定版)」を公表した。詳細は以下の通り。 ●保険給付費▽保険給付費総額/8,867億円 ▽居宅(介護予防)サービス分/4,1…

介護職らの賃上げ、今年中に具体像 岸田首相「年末までに結論を出す」

《 岸田文雄首相 》 岸田文雄首相は14日夜の会見で、重点施策の1つに掲げている看護職、介護職、保育士などの賃上げについて、具体的な方策を年内にまとめる方針を表明した。【Joint編集部】 岸田首相は、「民間に賃上げをお願いする以上、政府もやることを…

【中医協】通院→在宅医療、移行時の連携を評価へ ケアマネの関与を促す声も

《 厚労省 》 厚生労働省は13日の中医協総会で、外来で通院していた高齢者らが在宅の訪問診療に切り替わり主治医が交代するケースについて、引き継ぎにあたって必要となる調整を新たに評価してはどうかと提案した。来年度の診療報酬改定に向けて具体像を検討…

在宅医療及び医療・介護連携に関するWGが初会合 厚労省

在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ(第1回 10/13)《厚生労働省》 都道府県が第8次医療計画等を策定する2023年度に向け、「第8次医療計画等に関する検討会」の下に設置された「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」…

新首相が目す処遇改善の制度設計

岸田文雄首相が就任後初の所信表明演説で、介護従事者等の賃上げに向けて「公的価格を抜本的に見直す」としました。具体策として、「公的価格評価検討委員会(仮称)」の設置を表明しています。実際にどのような施策が展開されるのかについて掘り下げます。 …

24年度を見据え、医療費の伸びの抑制が優先課題 経団連が提言

経団連は12日、今後の医療・介護制度改革に向けた提言を公表した。第8次医療計画や第4期医療費適正化計画などが始まる2024年度を見据えた制度改革では、特に医療費の伸びの抑制に優先的に取り組む必要があると指摘。また、「かかりつけ医機能」の制度化の検…

経団連、介護の利用者負担の引き上げを提言 ケアプラン有料化も

日本経団連は12日、今後の医療・介護改革に向けた提言を新たに公表した。少子高齢化が進み制度の持続可能性の確保が課題となるなか、2024年度に控える次の介護保険の見直しで、利用者負担2割の対象拡大などの確実な実施を要請している。【Joint編集部】 この…

介護保険最新情報vol.1014について

《介護保険最新情報vol.1014》 今年度の介護報酬改定の効果を検証したり、介護現場の課題を把握したりするための国の実態調査が始まる。対象となる施設・事業所へ今月から調査票が配布されていく。【Joint編集部】 2024年度に控える次の制度改正、報酬改定を…

利用者に身体的拘束 事業所に行政処分【神奈川県】

神奈川県相模原市は2021年10月1日、相模原市中央区の障害福祉サービス事業所「生活ホームフロイデ」を運営する一般社団法人「相模原市手をつなぐ育成会」について、利用者に身体的拘束を行う虐待をしたとして、この事業所への新規利用者の受け入れを1年間停…

22年のコロナワクチン供給、ファイザー社と契約 厚労省が発表

来年の新型コロナウイルスワクチンの供給に係るファイザー株式会社との契約締結について(10/8)《厚生労働省》 厚生労働省は8日、2022年1月から1億2,000万回分の新型コロナウイルスワクチンの追加供給を受けることについて、ファイザー社と7日に契約を締結…

障害者施設の入所者に暴行 元職員に実刑判決【愛知県】

愛知県東浦町の障害者施設「なないろの家」で、入所者2人に大けがをさせた暴行の罪に問われていた元職員の水野有幸被告(46)に、名古屋地方裁判所は2021年9月30日、懲役2年4か月の実刑判決を言い渡した。 水野被告は2019年7月と2020年4月、勤務していた東…

訪問介護が果たす「重大な役割」

10月から、新たなケアプラン検証のしくみがスタートしました。今回の検証プランの抽出基準の一つに、訪問介護の位置づけ割合が含まれています。その検証に際し、求められることは何でしょうか。地域で求められる「訪問介護の役割」という視点から掘り下げま…

岸田首相、介護職らの賃上げへ「公的価格検討委員会」の新設を表明

《 岸田文雄首相 8日 》 国会では8日、岸田文雄首相が衆院本会議で就任後初の所信表明演説を行った。【鈴木啓純】 分配政策の柱の1つとして介護職らの賃上げを行うと重ねて明言。新たな検討委員会を立ち上げ、介護報酬の見直しなどを議論していく方針を打ち…

職員に違法な時間外労働 法人に罰金命令【兵庫県】

神戸簡易裁判所は、職員に違法な時間外労働をさせたとして労働基準法違反の疑いで書類送検された、神戸市灘区の社会福祉法人「六甲鶴寿園」に対し、罰金20万円の略式命令を出した。 神戸市灘区の社会福祉法人「六甲鶴寿園」は、職員に違法な時間外労働をさせ…

新型コロナワクチン2回接種完了が全人口の62.3%に 政府

新型コロナワクチンについて(10/6)、新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(10/1)《首相官邸、厚生労働省》 政府は6日、新型コロナウイルスワクチンの総接種回数を更新した。高齢者を含む一般接種および医療従事者等、職域接種などの合計は1億7,…

不正請求で介護事業所が指定取り消し【岡山県】

岡山県は2021年9月28日、介護給付金の不正請求があったとして、津山市の社会福祉法人「菜花の里」が運営する4つの介護保険事業所に対し、事業所の指定を取り消しとする処分を行った。不正に支給された給付金はおよそ2100万円に及び、県は返還を求めることに…

在宅のおむつ支給等のこれから

今年9月21日に出された「2021年度の地域支援事業実施要綱の改正点」の中から、任意事業の一つ「介護用品(紙おむつなど)の支給にかかる事業」の見直しを改めて取り上げます。ご存じのとおり、2015年から廃止・縮小に向けた流れとなりましたが、激変緩和措置…

日医、医師や看護職、介護職らの賃上げを支持 中川会長「非常に良いこと」

《 日本医師会・中川俊男会長 6日 》 日本医師会が6日、岸田文雄内閣が掲げる医師や看護職、介護職などの賃上げについて、積極的な支持を表明した。【北村俊輔】 この日の会見で中川俊男会長は、「賃上げに向けた公的価格の見直しは、まさに日本医師会の考え…

介護施設のクラスター、直近1週間で9件発生 10週ぶりの1桁台

《 厚労省 》 厚生労働省は6日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数が、4日0時までの時点で2009件にのぼったと公表した。【Joint編集部】 直近1週間の発生数は9件。新規感染者数が急減したことで、10週間ぶりに1桁台…

後藤厚労相、介護職らの賃上げに意欲 「しっかり検討していく」

《 後藤茂之厚労相 5日 》 後藤茂之厚生労働相は5日の会見で、岸田文雄首相が重点施策の1つにあげている看護職や介護職、保育士などの賃上げについて、「しっかり検討していきたい」と意欲をみせた。【Joint編集部】 「こうした方々がより一層活躍できるよう…

LIFE活用、当事者参加を忘れるな

社会保障審議会・介護給付費分科会で、2021年度介護報酬改定の効果検証等にかかる調査方法の議論が進んでいます。改めて注目したいのが、「LIFEを活用した取組み状況」について。調査票の内容等をもとに、これからの科学的介護に必要なビジョンを整理します…

岸田首相、就任会見でも介護職の賃上げを明言 「公的価格を抜本的に見直す」

《 岸田文雄首相:4日 》 岸田文雄首相は4日夜の就任後初の記者会見でも、重点施策の1つとして介護職の賃上げに取り組む意向を表明した。【Joint編集部】 岸田首相は会見で、富める者と富まざる者の分断を防ぐ「新しい資本主義の実現」を目指すと重ねて強調…

介護保険最新情報Vol.1013について

《 介護保険最新情報Vol.1013 》 厚生労働省は1日から、介護職員処遇改善加算の上位区分の取得を目指す事業者などを後押しするための研修会を、オンデマンド配信の形で開始した。【Joint編集部】 下位区分の「加算IV」と「加算V」を今年度いっぱいで廃止する…

[医療提供体制] 東京、ワクチン2回接種の職員・患者にも厳重な対策が必要

東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議(第65回)が9月30日、都庁で開かれた。公表された「専門家によるモニタリングコメント・意見」では、医療機関や高齢者施設などでの感染者の発生が引き続き報告されていることを取り上げ、「ワクチンを2回接…

介護のLIFE導入で時間外労働も 老施協調査 データ入力など負担

全国老人福祉施設協議会が7月に実施した「LIFE(科学的介護情報システム)導入状況調査」の結果が分かった。【鈴木啓純】 LIFEへのデータ提出を済ませるために、少なからぬ施設で職員の時間外労働が生じている − 。そう報告されている。現場の負担が重くなっ…

介護施設のクラスター、全国で2000件に 低水準の傾向が続く

《 ワクチン接種を受ける職員ら(代表撮影)》 厚生労働省は29日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】 9月27日0時の時点でちょうど2000件。ただし、最近の低水準の傾向は変わらず維持さ…

岸田新総裁、介護職の賃上げに取り組む意向を表明 「公的価格を率先して上げる」

《 岸田文雄自民党新総裁(2019年7月撮影)》 自民党の岸田文雄新総裁は29日、総裁選に勝利した後で党本部で行った記者会見で、経済政策の一環として介護職の賃上げにも力を入れる意向を表明した。【Joint編集部】 成長と分配の好循環を目指すと重ねて強調し…

10月からのコロナ感染対策補助金、介護は上限6万円 厚労省

「感染防止対策の継続支援」の周知について(9/28付 事務連絡)《厚生労働省》 新型コロナウイルス感染症への感染防止対策について、介護報酬への上乗せによる特例措置に代わる、10月からのかかり増し経費を支援する補助金の概要が決まった。都道府県の地域…

0.1%特例の切り替え。その先を注視

2021年度の介護報酬改定で、新型コロナへの対応策として特例的に「基本報酬への0.1%上乗せ」が図られました、その特例期限(9月末まで)が迫る中、継続されるか否かなどの対応に注目が集まっていました。厚労省が示したのは「継続」ではなく「地域医療介護…

21年度介護報酬改定検証調査で意見多数 社保審・介護給付費分科会

社会保障審議会 介護給付費分科会(第203回 9/27)《厚生労働省》 厚生労働省は27日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、2021年度介護報酬改定の効果検証と調査研究についての同年度調査の調査票案を示した。新設されたLIFE関連の調査票案に委員から意見…