尾身会長「介護施設の感染対策、非常に重要な局面」

f:id:caremanecom:20220209095420j:plain

《 尾身茂会長(2022年2月撮影)》

政府の「新型コロナウイルス対策分科会」の尾身茂会長は8日の衆議院・予算委員会で、高齢者施設へのサポートが極めて大事だと重ねて強調。「高齢の重症者が増えている。高齢者施設の対策はいま、周囲の医療機関や地域との連携が非常に重要な局面にある」と訴えた。【北村俊輔】

尾身会長はオミクロン株を中心とする第6波の特徴として、「コロナの感染自体で重症化するよりも、介護などを必要とする高齢者が感染を契機に持病を悪化させて入院する事例が多い」と分析。こうした事例の多くは高齢者施設などで起こっていると報告した。

あわせて、感染した高齢者を入院させることが難しくなっている自治体が一部にあると指摘。「高齢者施設などの対策が徹底されないと、しばらくは重症者数の増加が続く」と警鐘を鳴らした。