大島新厚労次官、全世代型の社会保障改革に意欲 新老健局長には大西証史氏

《 大島一博新厚労次官 28日 》

厚生労働省は28日に幹部の人事異動を発令した。事務方トップの事務次官が交代。退任する吉田学氏の後任に、介護保険を所管する老健局長も務めた大島一博政策統括官が昇格した。【Joint編集部】 

大島新次官は28日の会見で、当面の課題に新型コロナウイルスへの対応や全世代型社会保障制度の構築などをあげた。

社会保障改革については、「課題は医療、介護、年金、少子化、孤独・孤立、福祉など非常に幅広い。最大の要因は人口動態の変化、人口減少。若い世代の減少は避けることができない。こうした大きな変動の中で社会保障の担い手、財政そのものが影響を受ける」と説明。「政府全体の議論も踏まえ、厚労省としてどう貢献していけるのか、大臣とよく相談して考えていきたい。アンテナを高くして様々な課題に最大限的確に対応できるよう努めていく」と述べた。

大島新次官は熊本県出身の58歳。東大法卒で1987年入省。老健局長や大臣官房長、内閣官房内閣審議官、全世代型社会保障構築本部事務局長などを担ってきた。

厚労省幹部人事ではこのほか、新たな老健局長に大西証史内閣官房内閣総務官が就いた。前任の土生栄二氏は内閣官房へ出向する。