集団感染と病床ひっ迫で高齢者施設内の療養者が増加 厚労省

イメージ画像厚生労働省が18日に公表した第95回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの感染状況の分析・評価では、高齢者施設の集団感染の急増と病床逼迫で「実質的に施設内療養者が増加している」との見解を示している。

医療提供体制に関しては、全国的に医療従事者の感染が増加していることで「十分に人員を配置できない状態が継続し、一般医療を含めた医療提供体制への負荷が長期化している」と言及している。

また、介護の現場でも「療養者及び従事者の感染の増加により厳しい状況が続いている」などと説明している。