経営者含め介護職員の所得格差是正が必要 財政審建議

財政制度等審議会 財政制度等分科会 令和6年度予算の編成等に関する建議(11/20)《財務省》

財政制度等審議会は20日に取りまとめた「秋の建議」で、介護職員の処遇改善について介護報酬の改定率を高くするだけでは解決にはならず、介護事業者内の「経営者を含めた」所得格差の是正に踏み込んで取り組むべきだと主張した。

この意見は、1日の財政審の財政制度分科会で財務省が示した社会保障に関する提言にはなかったが、今回の建議に盛り込まれた。

財政審は、2024年度予算の編成に関する建議で介護報酬改定にも言及した。その中で、介護費用の総額は高齢化の進展で毎年大幅に増加しており、必要な介護サービスを提供しつつも国民負担を軽減するために報酬の合理化や適正化を進めることが不可欠だと説明。介護分野での担い手の確保が課題となる中、現場の従事者の処遇改善につながる構造を構築すべきだとした。

その際、現役世代の保険料負担増を最大限抑制する必要があることを踏まえ、介護報酬の改定率を単に高くしただけでは問題の解決にはならないとし、「介護事業者内の経営者を含めた所得格差是正にも踏み込んだ取組が必要」と強調した。

また介護従事者の賃上げ状況について継続的な調査・分析を行えるよう、処遇改善加算の取得に当たって職種別の給与などの報告を要件とすることを検討する必要性も指摘した。

建議では、このほか▽ICT機器の利活用と人員配置基準のさらなる柔軟化▽経営の協働化・大規模化の推進▽人材紹介会社に対する指導監督の強化▽介護保険の利用者負担(2割負担)の見直し-なども課題に挙げた。

資料はこちら
ダウンロード
令和6年度予算の編成等に関する建議 本文

関連資料

[医療改革] かかりつけ医の認定・登録は見送るも、職種別給与費は「確実な把握を」 財政制度等審議会・秋の建議

[介護] ICT機器活用や経営の協働化・大規模化を提言 財政審・建議