2022-08-09から1日間の記事一覧

若年性認知症の治療や支援に導くプロセスを検討 厚労省

「令和5年度厚生労働科学研究」に関する御意見募集について(8/5)《厚生労働省》 厚生労働省が5日に公表した2023年度の厚生労働科学研究の概要では、若年性認知症に関する研究を新規課題として優先的に推進する方向性が示されている。 若年性認知症は、経…

オミクロン株対応ワクチン、10月中旬にも接種開始 厚労省 2回目まで終えた全員を想定

《 画像は新型コロナワクチンのイメージ 》 厚生労働省は8日の厚生科学審議会の専門分科会で、新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した新たなワクチンについて、10月中旬以降に接種を開始する方針を固めた。【北村俊輔】 対象者については、2回目までの…

老施協、居宅介護支援の利用者負担の導入を一部容認 「導入なら1割でなく定額制も考えられる」

特養の経営者らで組織する「全国老人福祉施設協議会」が5日に厚生労働省へ提出した要望書 − 。次の2024年度の介護保険制度改正に向けたもので、論点の1つとなっている居宅介護支援に利用者負担を導入することの是非にも言及している。【Joint編集部】 老施協…

「間接業務=専門性が低い」ではない 介護助手の導入で注意したい認識

介護人材の確保に向けて、厚労省が推進する方策の1つが「業務の明確化と役割分担」を進めたうえでの「介護助手の活用」です。介護保険部会でも、その推進がテーマとなる中で、「制度上でどのように位置づけられるのか」がにわかに焦点となってきました。 介…