サービス担当者会議文例 サービス変更時

ミーティングする介護職

すぐに使える!ケアプラン文例集

対応別のサービス担当者会議録文例です。

会議録作成中の言い回しに迷ったときに「すぐに使える」会議録文例を対応別に集めました。コピーしてそのままお使いください。同じようなケースがあった際に「こんな書き方があるのか」と参考にしたり、複数の会議録を組み合わせて使うことも可能です。忙しい日々の業務の効率化にぜひお役立てください。

なお、こちらの文例集はあくまでご参考として提供するものであり、文例集のご利用に起因してなんらかの損害が生じた場合であっても、責任は負いかねますのでご了承ください。

サービス担当者会議文例 サービス変更時

サービス担当者会議録としてニーズの高い「サービス変更時の文例」をまとめました。訪問介護事業所追加、幅広く役立つ文例をご覧ください。

サービス変更時の担当者会議録文例

サービス担当者会議録ひな型

サービス変更時時のサービス担当者会議録文例です。検討した項目、検討項目など、作成時の参考にしてください。

 

検討した項目

1.訪問介護事業所追加にあたり
〇原発転移で皮膚がんの診断。
検査の結果、ステージⅣで、麻薬も開始となっている。 臥床時間が長くなってきており、褥瘡予防と併せて、通院時に車椅子使用しているが、膣周囲圧迫にて痛み が生じていることから、車椅子のクッションを検討したい。
通所介護サービス事業所変更に伴う担当者会議 ・●● 在宅クリニック照会。
1.身体状況の確認
2.サービス内容の再検討
 ●月●日 CE療法開始。  ●月●日~ ●月●日 2クール目施行。
4週毎に抗がん剤投与予定。
 ●月●日外来受診にて、経過観察予定。 ●月●日 再度、病院入院予定。
①ご本人様のご意向確認
②家族様の通院付添い等についてのご依頼
③緊急時の連絡先
④往診医との連携(往診日の予定等)
⑤サービスの検討・入院への切り替えの時期等
介護サービス利用について
退院後、お薬の処方が、●月●日まで。 ご本人様が、20●●年●月●日退院後、在宅生活の継続希望されている。 今までのかかりつけ医が、●●診療所でしたが、通院継続が困難なため、●●クリニックによる訪問診療(居宅療養管理指導)の開始
ご本人様にとって、日中時間帯、地域での活動の場を拡げていく。 ご本人様の出来るような強みを活かして、就労の支援に向けて 若いころに従事されていた経験を活かすような、仕事は出来ないか。 ご本人様の障がい特性をよく理解された計画相談員の選定 等

 

おすすめ文例

イメージ画像

退院時の「サービス担当者会議録文例」を集めました。
例:退院時のリハビリ継続や訪問看護による褥瘡処置検討等

 

検討した内容

1.訪問介護事業所追加にあたり
①本人及び家族の意向について
②各事業所からの照会について
③訪問介護事業所から
④在宅サービスについて
⑤その他
〇床ずれ防止用具について
常時、尿失禁が観られているが、マットレスに汚染する状況はなく、ムレがないように通気性の良い物を検討。
〇車椅子付属品について
通院や屋内ベッド以外で過ごす際にクッションを活用し、疼痛緩和を検討。
1【身体状況の確認
・C在宅クリニックより照会内容を読み上げ、既往について確認をした。
腎臓病や貧血・骨粗鬆症については服薬の飲み忘れ防止として、3月より注射にて対応している。
ご家族:鉄分補給としてサプリを以前より服用しているが、血液検査での反応は良いとの事。
・食欲については平均してあるとの事。しかし、施設での食事が薄味で美味しくない事から50~70%摂取。その他の対応としてはオヤツや差し入れのフルーツは良く食べているようである。
【サービス内容について検討】
・デイサービスの事業所変更について、新型コロナ感染予防を目的として、外部サービスに制限を設け利用できない状況。7月よりデイサービスを開業するからと家族に説明し、結果の報告と流れが逆になっている事については問題であり社会性については一切刺激がない。
しかしながら、このまま機能訓練やリハビリを中止していると、廃用に繋がることから今回、事業所変更を行う事になった。
医師の指示書に基づく、医療保険による訪問看護サービスの導入
小規模多機能型居宅介護
火・金 訪問サービス 買い物代行
水・土 訪問サービス、安否確認
木・日 通いサービス、入浴介助
現状の週間予定
月曜日 訪問看護ステーションによる健康チェック
火・金 訪問サービスにて、買い物代行 小規模多機能型居宅介護
水・土 訪問サービスにて、安否確認
木・日 通いサービスにて、入浴介助
服薬管理について、毎週金曜日薬局において訪問薬剤管理指導
・新型コロナウィルスの予防接種●回目●年●月●日接種済み→●回目未だのため、6か月後、●年●月中旬以降接種券が届く予定
・体調の急変時等 ・便秘時の酸化マグネシウム錠の処方調整のご依頼について… 500㎎→330㎎に変更
自宅近くから通いやすい就労支援(就労継続支援B型)の場に参加することを検討

 

ケアプラン作成のおすすめ<PR>

イメージ画像

タブレットを使い外出先でケアプラン作成や支援経過が入力でき、パソコンに連動するため事業所に戻る必要が無くなります。
提供票のサービス事業所への送付もソフトで完結!

 

結論

1.訪問介護事業所追加にあたり
①本人及び家族の意向について
本人:自分が出来ていた事ができなくなった。 家族も近くに居ないから、ヘルパーさんに 来てほしい。
家族:近くに居ないから、使えるサービスは 使って、安心して過ごしてほしい。 家族ができる事は、していきたい。
②各事業所からの照会について
(通院乗降介助:○○事業所) 本人様が安心して生活できるのであれば サービス追加は妥当である
(福祉用具貸与:○○会社) 身体機能も低下してきている。必要な福祉用具を貸与して利用されている。安心して安全に自宅生活を続けて行くのには、追加は妥当である。
③訪問介護事業所から
※注意事項等の説明及び契約 ・利用回数 ・提供時間 ・希望するサービス内容 等
④在宅サービスについて ※その他のサービスについては、変更な
⑤その他
〇上記貸与開始。
3【サービス内容確認】
・通所介護サービス利用について、本人希望により毎週 月・水曜日。但し水曜日には、入浴は行わない。
・訪問介護サービスについてはこれまで通りの時間帯で、木、日曜日に生活サービスを実施。今後は金曜日を追加して入浴のみ支援する。
・福祉用具貸与・・・・・・置き型手摺り、特種寝台及び付属品。についてはこれまで通り貸与する。、また、次の検査時にはマットレスの交換を予定している。
訪問看護ステーションによる、毎週月曜日の15:00頃~予定
初回は、●月●日 15:00~(約60分)サービス時間はご本人様と状況に応じて相談予定
服薬管理について薬局において居宅療養管理指導に基づくサービス予定。
服薬カレンダーによる、管理方法の統一 インシュリン注射療法から、退院後内服薬にて服薬コントロール実施 緊急連絡先の確認。
ご本人様の携帯電話に登録完了。
①通いサービス利用曜日; 火 ・木 ・日曜 ②訪問サービス利用曜日; 月 ・水曜 ③●●クリニック訪問診療曜日;火曜日の午前中(2週間に1回の訪問診療・時間帯変更の可能性あり) ④配食サービス●●店;昼食…月・水・金・土曜(生活支援型配食サービス) 夕食…毎日 ●年●月●日(土曜)~ご本人様の希望により、通い・訪問サービスのみに変更予定。(泊りサービスなし)
今後、相談員支援専門員の担当者を探し、ご本人様の支援に合った相談支援専門員を選任予定。
就労継続支援として、月に15,000円程の工賃がもらえる事業所もある。(就労の場、作業所や、その方の能力に応じて変動の可能性あり)
クルマの洗車や、物作りを加工するような仕事が向いているのではないか。→相談員支援専門員:「そういった就労支援の場も探してみます。」

 

残された課題 次回開催時期

サービス追加にあたり、本人様の身体機能低下が進まないように、できることを声かけしながら、一緒に行うこと
〇訪問看護の介入について
今後状態が悪化し、本人や娘の不安感が増える可能性があり。
〇通院について
今後、自家用車使用での乗降車支援が困難な状況であれば、介護タクシー(移送サービス)を検討。
福祉用具貸与:同居の夫の利用について解決し、必要と判断した際には貸与えお開始する。ADL低下が進んで自力での生活が困難となったときには、デイサービス利用等を再度、検討する。
入院時にベッドサイドで転倒歴あり。→自宅内自費レンタルベット導入済み。居室内押し車使用。
自宅のカギが一つしかないため、玄関のオートロック施錠のため、ご本人様が寝ておられた場合、夜間帯の病状悪化時にカギの取り扱いについて
ご家族様の付添いによるホスピス外来の受診。
次回予約
●月●日  ●●病院 ●●受付 13:30予約担当;●●看護師
定期受診 ●月●日 ●●病院  ●● ●●病院(●●医師) 
通いサービスについて、当日の体調によって通いサービス利用拒否される可能性あり。→訪問サービスへ変更 コロナワクチン接種の●回目接種に関しましては、家族様がお持ちである以前の接種券を確認の後、対応してくださる予定。
今後、入院が必要な際は、●●病院が受け入れが困難な場合、●●病院にて入院対応検討可能とのこと。
後日、ご家族様も含めて今後の見学等も含めて、相談出来る場の設定の検討
ご本人様の就労継続支援事業所の選定(見学等も含めて) 独居生活のため、自宅での在宅生活の継続が可能かどうか。 夜間帯に一人で出歩かないか心配が残る。
介護サービスを利用して、ご本人様の状況を見ながら、自宅へ戻れないかどうか、ご家族様と相談予定。
こちらのページの文例はPDFでダウンロード可能です
ダウンロードにはケアマネドットコムのログインが必要です