介護施設のクラスター、再び増加 3ヵ月ぶりの2桁台 厚労省

イメージ画像

厚生労働省は12日、全国の高齢者施設でこれまでに発生した新型コロナウイルスのクラスターの件数を公表した。【Joint編集部】

11日までの直近1週間の発生件数は19件。オミクロン株の感染拡大などを受けて再び増加に転じた。2桁は10月の第2週以来およそ3ヵ月ぶり。

【高齢者施設】直近の週毎クラスター発生件数

新規感染者数の全国的な急増が続いており、これから高齢者施設のクラスターも更に増えてしまう恐れがある。クラスターが発生しなくても、感染者・濃厚接触者と判定されて離脱を余儀なくされる職員が相次ぐ懸念も強い。サービス提供体制をいかに守っていくかが大きな課題で、政府には現場の支援策の強化が求められている。