施設ケアプラン文例 第2表

高齢者女性に食事介助する介護職員

すぐに使える!ケアプラン文例集

施設ケアプラン、第2表の文例集です。

作成中の言い回しに迷ったときに「すぐに使える」ケアプラン文例を症例別に集めました。コピーしてそのままお使いください。同じようなケースがあった際に「こんな支援があるのか」と参考にしたり、複数のプランを組み合わせて使うことも可能です。忙しい日々の業務の効率化にぜひお役立てください。

なお、こちらの文例集はあくまでご参考として提供するものであり、文例集のご利用に起因してなんらかの損害が生じた場合であっても、責任は負いかねますのでご了承ください。

施設ケアプラン文例 第2表

施設ケアプラン文例の「第2表文例」をまとめました。自宅復帰のためのリハビリ支援、大腿骨骨折後の回復への支援等、幅広く役立つ文例をご覧ください。

 

施設ケアプラン第2表文例

居宅サービス計画書 第2表イメージ

 

機能訓練

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
自宅で生活がしたい。 支援を受けながら自宅で穏やかに生活ができる。 生活リハビリに取り組み、生活動作を習得することができる。 ・生活動作のリハビリの提供
・リハビリ計画の作成(目標設定)
・自分で出来る運動の指導や促し
・医療職や介護職との連携など 
ベッド上で生活することが多く、できることがどんどん無くなっているので、訓練をして少しでも長く元気な日常生活を送ってほしい。 動きのある生活を送ることができ、寝たきりにならないように生活することができる。 リハビリや日中の離床時間を決めて、タイムスケジュール通りに生活することができる。 スタッフと一緒にスケジュールの作成を行う
タイムスケジュールをサービス内容欄に大まかに記載する。
自分で歩いて孫に会いに行ったり受診ができるよう日頃から足腰を鍛えておきたい。 継続的に杖歩行ができ、転倒しないよう気をつけたい。 杖歩行ができ、近くの公園まで往復することができる。 スタッフによる散歩の支援
入院中に体力が落ちてしまったので、早く元気になって家に帰りたい。 家に帰っても、家の中を自分で移動することが出来る 自分で立ち上がり歩行器を使い施設の廊下を歩くことが出来る。 ・理学療法士が作成したメニューで歩行訓練を行う
・ベッドからの立上りの際は介助バーにつかまってゆっくり行う
・訓練時はスタッフが付き添い、疲れたら座って休む

 

おすすめ文例

イメージ画像

グループホームのケアプラン文例を集めたページです。
例:認知症がある方への自己選択の支援、トイレが分からない際の支援等

 

体調・疾患管理

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
大腿骨骨折後で左足に痛みがあり、しばらく体重をかけられない。左足に負担をかけずに過ごしたい。 左足に体重をかける許可が下りる日までトラブルなく過ごすことが出来る。 左足に無理に体重をかけない動き方が出来る。 ・移乗の際は右足に体重をかけて立ち、スタッフが左側の体を支えて介助する
・フロア内は車いすで移動する
・痛みがある場合は看護師に報告し必要時は主治医へ連絡する
糖尿病であることを忘れてしまうので、薬を飲むことを手伝ってもらいたい。 服薬を続けて症状悪化をふせぐ。 確実に服薬出来る。 食前の服薬支援
・錠数を数えて手に載せる
・水を渡し飲んでもらう
寝たきりで自分で体を動かせないため床ずれが出来てしまった。皮膚環境の改善をする必要がある。 床ずれを改善して、穏やかに毎日を過ごすことができる 床ずれの発生原因から対応を受けることができる ・栄養管理(体重や食事量)
・清潔管理(入浴や清拭、汚染時の対応)
・臥床体制の対応(除圧、エアマットの使用、体交)
・主治医への報告と相談 ・多職種での情報連携など

 

入浴

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
認知症により自分では身体をうまく洗えずに億劫と感じてしまう。手伝ってもらい体の清潔を保ちたい。 定期的にお風呂に楽しく入れるようになる 入浴を億劫と感じないような環境を整える 入浴介助 様子をみて適宜声掛け
タオルを渡して出来るところは洗ってもらい、出来ないところのみ介助する
お風呂に入ることが分からなくなり苦痛に感じることがある。気持ちよく入浴したい。 お風呂に入ることが分かり、安心して入浴が出来る 無理なくお風呂まで行くことが出来る 夕方になったらお風呂に誘う
脱衣所は25度に保っておく まずは温かいお湯に触れてもらう
声掛けしながら入浴介助する

 

ケアプラン作成のおすすめ<PR>

イメージ画像

タブレットを使い外出先でケアプラン作成や支援経過が入力でき、パソコンに連動するため事業所に戻る必要が無くなります。
提供票のサービス事業所への送付もソフトで完結!

 

認知症の支援

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
認知症がありご飯を食べていることを忘れてしまうことがあるが、自分でご飯を食べたい。 自分で食事をすることが出来る 食事を忘れてしまったり、スプーンが止まったりしたときは声掛けを受けて食べ続けることが出来る。 ・食事の際は声をかけてスプーンとお茶碗を手に渡し、おかずの内容を説明する
・手が止まった時は声掛けをして食事中であることを伝える"
意欲がなく自室にこもってしまっている。 生きがいを持って活動的な毎日を送ることができる 自分自身に役割を持つことができる 本人の話を傾聴し、職業歴や趣味など本人の関心があることについて、役割を持っていただく
認知症のため、清潔なものとそうでないものの見分けがつかなくなることがあるので手伝ってほしい。 衛生的な生活を続けることが出来る 自尊心を保ちながら排泄物の処理が適切に出来る 居室内の清潔チェック 汚れがある場合はさりげなく清掃
・消毒 排泄後は一緒に手洗いを行い、手を清潔に保つ
トイレの場所がわからずに部屋の中で排泄して汚してしまうことがある。 部屋の清潔を保ち気持ちよく過ごすことが出来る トイレで排泄することが出来る 何かを探している様子の際はトイレへ誘導する
排泄のタイミングだった場合は介助する

 

その他施設ケアプラン

生活全般の
解決すべき課題
(ニーズ)
長期目標
短期目標
サービス内容
右大腿骨頸部骨折より退院してきたが、認知症状により、危機意識は低く、転倒リスクは高い。可能な限り転倒を減らせるように生活環境を整える必要がある。 痛い思いをせずに、生活が続けられる。 生活環境を整え、可能な限りの外傷を防げている。 ベッド下にフットコールを設置することで、端座位になった際、職員が起きだしたことに気づける。
自分の役割をもって暮らしたい。 自分の役割を持つことにより、自信をもって生活できる 食事前のテーブル拭きをすることが出来る ・昼食と夕食の20分前になったらテーブル拭きの声掛けをして一緒に食堂に行く
・テーブルにつかまりふらつきがないことを確認後、布巾を渡して目の前を拭いてもらう
最期まで自分で食事をおいしく食べたい。 毎食時、無理なく起き上がって食事を摂る事が出来る 仲良しの利用者さんと一緒に椅子に座って食事を楽しむことが出来る

提供食の喫食状況(記録、申し送り)
体調管理(バイタルサインチェック等) 好きな物の提供(家族支援)
食堂への移動介助 食事時の雰囲気作り(好きな音楽を流す等)
医師や管理栄養士、作業療法士との連携 急変時の対応など

薬が効いていない時間だけ介助を受け、出来るところは自分でやっていきたい 出来るかぎり今の生活を維持できる 自分で出来ることを続ける 日常生活動作の介助 本人にできそうなところは声掛けしてやってもらい、難しいところだけ職員が介助する
こちらのページの文例はPDFでダウンロード可能です
ダウンロードにはケアマネドットコムのログインが必要です